葬儀費用の合計平均額は231.1万円

葬儀費用は確かに減少傾向にありますが、それでも車一台が買えてしまうくらいの出費に相当します
葬儀費用は確かに減少傾向にありますが、それでも車一台買えてしまうくらいの出費に相当します。
葬儀費用を考えるうえで、とりあえず気になるのが「平均値」。葬儀費用に「普通」なんてないとわかっていても、やっぱり他の人がどれくらい支払っているのか知りたいものです。ひとつの目安として、数年に1回日本消費者協会で実施されている「葬儀についてのアンケート調査」による平均値を参考にするのも良いでしょう。最近では昨年(平成17年12月)にアンケート調査報告書がまとめられました。前回の調査と比べてどのように変化したでしょうか。

●葬儀費用平均額の推移
平成15年度調査→平成17年度調査

  1. 葬儀一式費用
    150.4万円→142.3万円
  2. 飲食接待費用
    38.6万円→40.1万円
  3. 寺院費用
    48.6万円→54.9万円
  4. 葬儀費用の合計 
    236.6万円→231.1万円

*平均費用は項目ごと単独に算出しているため、(1)+(2)+(3)の費用の合計と、(4)の葬儀費用の合計は一致しません。

ここでまず注目したいのは、葬儀費用が下がっている点です。平成15年度調査までの段階では、右肩上がりだった葬儀費用ですが、今回は前回比マイナス5.4万円。一般の人にとってみればピンとこない数字かもしれませんが、葬儀業界内では年々葬儀費用の単価が下がっていると言われていただけに、「やっぱり」と頷く人も多かったはずです。



葬儀費用はなぜ下落傾向にあるのでしょうか、次ページで解説します。