今回は葬儀・お墓とは直接関係はないのですが、深い関わりがある仏教行事について、その中でもお釈迦さまのお誕生日についてのお話をします!

はなまつり

たくさんの花で飾られた小さなお堂「花御堂(はなみどう)」。はなまつりのときだけ飾られます。
たくさんの花で飾られた小さなお堂「花御堂(はなみどう)」。はなまつりのときだけ飾られます。
4月になると、各地で「はなまつり」という行事が行われています。
このお祭り、お釈迦様の誕生をお祝いするもので、お寺が中心となって開かれます。灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、降誕会(ごうたんえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)などとも言われ、お誕生日である旧暦4月8日前後に開催されます。

はなまつりには、花で飾った花御堂(はなみどう)という小さなお堂がつくられます。お堂の中には甘茶で満たされた桶が置かれ、その中心には右手を上に、左手を下にした誕生仏という仏像が安置されます。お参りするときには、柄杓(ひしゃく)を使って誕生仏の頭へ甘茶をかけてお祝いします。

「天上天下唯我独尊!」

お釈迦様が誕生したときの姿「誕生仏」に甘茶をかけてお参りします
お釈迦様が誕生したときの姿「誕生仏」に甘茶をかけてお参りします。
これは「てんじょうてんげゆいがどくそん」と読みます。
お釈迦様が誕生したとき、天から甘い露が降り注いで身体を清めました。するとお釈迦様はすぐに立ち上がり、7歩進んで右手で天を指し左手で大地を指し、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言ったそうです。
これは、「この世に自分より尊いものはない。つまり人間ひとりひとりが一つしかない命をいただいている尊い存在である。」いうことを意味しているのだそう。このときの立ち姿が後に誕生仏といわれるようになりました。

ちなみに、花御堂はお釈迦様が生まれたルンビニ園の花園を、甘い露は神々の祝福をあらわし、7歩進んだことは、六道、つまり「地獄道」「餓鬼道」「畜生道」「修羅道」「人間道」「天道」という輪廻(りんね)の世界を超えたことをあらわします。


はなまつりでは、よく稚児行列が行われます。行例には白い象さんも参加。その理由は次ページで。