例年より10日以上も早く開けた今年の梅雨。それでも例年以上より降雨量はあったとの事。暑い夏にはビールやスタミナ料理に目が行ってしまいそうですが、爽やかに夏を過ごすために、目にも涼しげな夏デザートを今回はPICK UP。さぁ、福岡の夏デザートを楽しみましょう。


新感覚デザート、生麩を使った「まころば」の期間限定
『なまふあんみつ』

天神からすぐのところにある渡辺通5丁目の路地裏にある「まほろば」。ゆばも魅力的でした。
まずは中央区渡辺通5丁目にある「まほろば」の『なまふあんみつ』(350、麩まんじゅうとのセット500)をご紹介。この『なまふあんみつ』は期間限定品の夏デザート。

外見は、私達がごく普通に見かけるあんみつ風ですが、白玉の変わりに生麩が入っている『なまふあんみつ』。三色の生麩の食感は、白玉と似た感じ、でもなまふの方がどこかモチモチ感な食感。私達が知っている麩のイメージとは違った感じです。でもこの食感、癖になるかも知れないくらい心地いいものです。

見た目、普通のあんみつ、でも食べるとなまふの虜に。
麩まんじゅう。甘さを抑えたあんことの相性は絶妙。モチモチ感が口の中で踊ります。


中央にあるあんこと一緒に生麩を食べると、あんこの甘さに生麩そのものの味が調和して、ちょうどいい甘さに。全体的に甘さが押さえられたこの『なまふあんみつ』はキンキンに冷して食べたい、そんな一品。私は恐らく、近いうちにまた買いに行きそうです。

ここ「まほろば」の数件隣にある自社工場で作られる色々な食材は、生麩をはじめゆばや胡麻豆富、そして同じデザートで豆乳を使った『豆乳ロールケーキ』(1300)など。大豆を使った素晴らしき日本の食品加工技術をリーズナブルな価格で提供してくる、ちょっと穴場的なお店です。


まほろば
・所在地:福岡市中央区渡辺通5-10-28
・電話:092-761-2115
・休み:日祝日
・営業時間:10:00~19:00
・地図:「Yahoo! 地図情報」



夏のフルーツを贅沢に使ったデザート、「Mannekenpis」の
『まるごとピーチ』

高宮通り沿いにある「Mannekenpis」。20年以上前からある、地域に愛されているお店です。
次は西鉄高宮駅すぐのところで高宮通り沿いにある「Mannekenpis(マヌカンビス)」。今回のお薦め品は、今の季節にしか味わえない『まるごとピーチ』。初夏のフルーツには色々と美味しいものがありますが、私個人的には桃がこの季節の最高のフルーツと考えます。衝撃に弱く、旬の時期も短い桃を贅沢に丸ごと1個使った『まるごとピーチ』は夏デザートとして外せない一品。

この『まるごとピーチ』、写真のように土台にクッキー生地が見える意外は桃そのもの。そんな『まるごとピーチ』にフォークを当てると、当て口からジューシーな果汁が溢れてきます。フォークに伝わる力加減は、まるで桃をそのまま食べているのではと思うほど。そしてフォークを桃の中心部に進めると、スッと今までの力でフォークが桃の中心部に入っていく感覚が分かります。

桃1個をまるごと使った『まるごとピーチ』。瑞々しさ溢れる夏には食べたい、そんなデザート。
中心部の種があった部分には、ギッシリと詰め込まれたカスタードクリーム。このクリームも美味しい!

『まるごとピーチ』中心部の種があった部分にはカスタードクリームがびっしりと入っており、その味は桃の甘さを邪魔することなく、それどころか桃の旨みを引き立ててくれる、ちょっと憎い脇役に徹しています。カスタードクリームそのままも味は紛れもなく美味しい。でも桃と一緒に食べると脇役になる。その絶妙なバランスと相乗効果で、一気にこのデザートを食べさせてしまいます。

まるまる桃1個を使っている『まるごとピーチ』、爽やかな味とボリューム感満点の贅沢なデザート。今の時期にしか味わえない旬なものです。今年は8月末までの販売予定とのことなので、気になる方はお早めに。個人的には桃の部分を先に食べ、土台のクッキー生地に残しておいたカスタードクリームを付けて食べるのが、また違った楽しみ方が出来てオススメです。


Mannekenpis
・所在地:福岡市南区埜間1-3-8
・電話:092-541-6222
・休み:なし
・営業時間:10:00~21:00
・地図:「Yahoo! 地図情報」



次のページには、福岡の夏デザートが楽しめるスポットを一挙公開!!>>>