重曹で自宅ドライクリーニングの前に洋服のタグをチェック!

ホームクリーニングできない例。水洗いマーク(一番左)に「×」がついているものはクリーニング店へ。

春の兆しが見え隠れ、衣替えももうそろそろかなぁ~なんて思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

またクリーニングに出さないといけない。お金もかかるし持っていくのも面倒~!

なんてとき、ちょっと洋服のタグを見てみませんか?

洗えるもの・洗えないものはこちらで判定↓
ドライクリーニングマークとは。
家庭で挑戦!ドライクリーニング
冬物衣類を自分で洗濯してみよう

ドライクリーニングマークは、「ドライクリーニングしか出来ない」わけではないので、ドライマークがついていても、水洗いマークに「×」がついていなければOK。自宅で重曹を使ってエコにクリーニングできます。

重曹でナチュラルハウスクリーニング」で紹介したように、重曹は環境にもお肌にもお財布にも優しいので、ホームクリーニングもぜひチャレンジしてください!
 

重曹で自宅ドライクリーニング:洗濯のやり方

 
ドライクリーニングマークのついたウールの上着を重曹でホームクリーニングしてみましょう!
 
用意するのは、「重曹」と「ゴム手袋」、「バスタオル」だけ。
 
洗面台に水を張って、服を十分濡らします。ここでのポイントは「水」。お湯だとニットやウールは縮みやすいです。「石けん+お湯」は縮んで子供服のように小さくなってしまいます!
 
次は押し洗いしてみましょう!
 
重曹を振り入れます。

ガイドはいつもアバウトな量を入れてしまいますが、およそ大さじ1杯くらいでOKだと思われます。


 

 

重曹で自宅ドライクリーニング:押し洗いのやり方

 
 
重曹を入れたら、ゴム手袋をして(お水が冷たいので!)押し洗いします。揉み洗いじゃなく、優しく押しつけるようにして洗うのがコツです。

 
 
おかた汚れが落ちたと感じたら、水でゆすぎます。白残りしてしまうかもしれませんので、よくゆすいだ方が安心です

 
 
洗面台の縁に優しく押し付けるようにして、絞ります。水が排水溝に流れるように、斜めにした状態で絞ります。
 
 
厚手のバスタオルを用意し、服を優しくたたんでから、バスタオルをかぶせます。押し付けるようにして服に残った水分を、バスタオルに移すようにして水を落とします。
 
 
ニット専用の干し台等があれば使います。ない場合は、お風呂のフタに洗った服を置いて、服が落ちない程度にフタを斜めに傾け、水切りします。お風呂のフタには溝があるので、無理なく水切りできます。

 
 
乾いたら、タグに明記されている温度でアイロンの蒸気を当てて、ふっくらとさせます。

重曹でエコロジーにホームクリーニングが出来ました!

※ 型崩れ・縮み・色移りが心配な、大事な衣服にはオススメしません。
 
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。