東西老舗ホテルの伝統の洋食を味わおう

リーガ外観
西日本を代表するホテルとして創業70有余年の歴史を刻む「リーガロイヤルホテル」。昨年秋には京阪電車の中之島線と地下で結ばれ、京都まで一直線で結ばれることになった。
わが国のホテルの代表的な存在である在阪ホテル3軒が手を組み、初の共同企画を実施しています。3軒は「リーガロイヤルホテル」「ホテルニューオータニ大阪」「帝国ホテル大阪」。いずれも皇室をはじめ国賓クラスの賓客をもてなす一流ホテル。その洗練されたサービスは利用客の心をつかんで離しません。大げさのようですが、さすが!思うところは多々あります。

オータニ外観
ホテル御三家のなかで、もっとも早く大阪に進出した「ホテルニューオータニ大阪」。大阪城を望むロケーションの良さを売りに、洗練された都会的なサービスをモットーとしている。
さて、その3ホテルが初めて共同企画を開催しています。題して「水の都3ホテル共同企画『伝統の味めぐり~春~』グルメスタンプラリー」。ランチを2000円と3000円の統一料金で提供するもので、これだけのホテルが集まり共同で企画を打ち出すのはセンセーショナルなことといえます。

2000円のランチは伝統の洋食料理。ホテルは西洋文化ですから、老舗ホテルはその最先端を走っていたわけですかえら、それぞれのホテルで自慢の1品をもっています。今回はその伝統の味を披露してもらいます。

また3000円のランチは中国料理で競う、というものです。3~4品のランチのセットメニュー。ここでは各ホテルの中国レストランの極意は濃縮して味わえるというものです。


帝国外観
明治維新後の新たな日本の歴史とともに歩んできた「帝国ホテル 大阪」。百有余年の歴史は日本のホテル業界そのものでもある。常に指導的な役割を担った同ホテルの味を、今ここに。
さてスタンプラリーを実施しており、集めたスタンプの数によりランチ券(3000円相当)や喫茶券(1200円相当)などのプレゼントがあります。また抽選でペア宿泊券、ディナー券が当たり、食べて楽しい、食べた後ももっと楽しい企画になっています。




2000円のメニューは?