旅の途中で歩き疲れたら、カフェに入ってちょっと一休み。美味しいケーキを食べれば、疲れも一気に吹き飛びます。そこで今回は、ドイツのケーキの特徴と、カフェでのケーキの頼み方をご紹介。日本とは様子がかなり違うので、現地でスムーズにケーキタイムが過ごせるように、一度目を通してみてくださいね!

ドイツのケーキは大きい! でも甘さは控えめ

ドイツのケーキ屋さん
大きなケーキがずらっと並ぶショーケース。みんな美味しそうで、どれにしようか迷ってしまいます ※クリックすると拡大写真が見られます
まずはドイツのケーキの特徴から。日本のケーキとの違いは、まず大きさです。日本の約1.5~2倍くらいのサイズで、ボリュームたっぷり! 甘いもの好きの人は(ガイド自身もその一人)、日本のケーキだと1個食べただけでは物足りない感じですが、ドイツのケーキならきっと満足できるはず。逆に特に甘いものが好きでない人にとっては、ドイツのケーキは大きすぎて食べ切るのに一苦労、といった感じでしょう。

ドイツのケーキのもう一つの特徴は、甘さ控えめということ。お砂糖たっぷりのフランス菓子と違い、ドイツではマイルドな優しい甘さのケーキが主流です。だからこんなに大きくても、意外と食べられてしまうんですね。見た目も味も、素朴な感じのものが多いドイツのケーキ。好みにもよりますが、気取らない日常生活の一部であるような存在の、ドイツの“普段着の”ケーキには、洗練されたスイーツとはまた違った魅力があると思います。

ドイツのケーキの種類

ドイツのケーキには、大きく分けてKuchen(クーヘン)とTorte(トルテ)の2種類があります。

ドイツのケーキ
チーズケーキや焼き菓子は「Kuchen」。写真はルバーブ入りのチーズケーキ。他にもチェリー入り、アプリコット入りなど様々なチーズケーキがある
クーヘン Kuchen
焼き菓子。生クリームのデコレーションなどをしない比較的シンプルなケーキ。

Käsekuchen(ケーゼクーヘン=チーズケーキ)、Apfelkuchen(アプフェルクーヘン=アップルケーキ)、Baumkuchen(バウムクーヘン)、Mohnkuchen(モーンクーヘン=ケシの実ケーキ)など

日本では「ドイツ菓子」として有名なバウムクーヘンですが、ドイツでは、実はそれほどポピュラーなケーキではありません。ケーキ屋さんで見かけることも少ないので、「本場ドイツのバウムクーヘンを食べたい!」と思っても、すぐには見つからないかもしれません。ちなみに「Baum(バウム)」はドイツ語で「木」という意味。「バウムクーヘン」で「木のケーキ」になります。

ドイツのケーキ
クリームがはさまったケーキは「Torte」。写真はチョコレートクリームケーキとヘーゼルナッツクリームケーキ ※写真はクリックで拡大します
トルテ Torte
スポンジの間にクリームやフルーツがはさまっていることが多く、周りもクリームなどでデコレーションされているケーキ。

Käsesahnetorte(ケーゼザーネトルテ=生クリーム入りの柔らかいチーズケーキ)、Schwarzwälder Kirschtorte(シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ=生クリーム+チョコレート+チェリーのケーキ)、Himbeertorte(ヒンベーアトルテ=ラズベリーのデコレーションケーキ)など

同じチョコレートケーキでも、Schokoladenkuchen(ショコラーデンクーヘン)は、チョコレート味のスポンジケーキ、Schkoladentorte(ショコラーデントルテ)は、チョコレートクリームのケーキ、というような区別がされています。

ドイツのケーキ
四角いケーキは「Schnitte」。写真はドイツ人が大好きなモーンシュニッテ
■その他、ケーキの種類に関わらず、天板で焼いたケーキを四角くカットしたものをSchnitte(シュニッテ)と言います。

Mohnschnitte(モーンシュニッテ=ケシの実の天板ケーキ)、Käsekuchenschnitte(ケーゼクーヘンシュニッテ=天板で焼いたチーズケーキ)、Himbeerschnitte(ヒンベーアシュニッテ=ラズベリーの天板ケーキ)などのように、多くのケーキが「シュニッテ」としても出されています。

次のページでは、ケーキの注文の仕方をご説明します。