カナダ西海岸の都市バンクーバーに暮らす、働くミセスの素敵なライフスタイルを今回は特集します。4年後の冬季五輪開催予定地だけに、ヘルスコンシャス志向は今や最高潮! しばらくは、バンクーバーから目が離せません。



バンクーバーのヘルスコンシャス志向

ヨガマット
ヨガ・マットはスーパーで気軽に購入することができる
健康志向が高まるバンクーバーでは、近ごろヨガが大ブーム。日本にも上陸した人気のヨガ・ファッションルル・レモンlulu lemonの発祥の地でもあるバンクーバーで、働くミセスに取材を試みたところ、仕事がオフの日は、自宅近くのコミュニティーセンターなどで開催されるヨガ教室に通うのが最近流行っているとのこと。

たしかに街中には、ヨガ・マットを片手に通うマダムの姿が。とくに、ダイエット効果の高いホット・ヨガが最近の流行だそう。ホット・ヨガは、室温40℃程度の部屋で行うため、水分補給は欠かせません。

バンクーバーは水が美味しいことでも知られています。なんとカナダは、国民ひとりあたりの森林面積が8haもあり、世界第一位。ロッキーの山々の雪解け水が、低地のバンクーバーに流れ出るため、良質で豊富な水が摂取できるロケーションです。

幸せな暮らしも、「健康」を維持してこそ、というのがバンクーバー・マダムの考えです。

次のページではバンクーバーのマダムに人気の高級食材店をご紹介します。