このコーナーでは、「国際結婚から始まる新しい人生」をシリーズでお伝えします。
第1回目は、サンフランシスコ在住、インテリアコーディネイターとして、アメリカ家具の買付けなどを手がける松本雅永さんのライフスタイルを紹介します。


インテリアコーディネイターという資格

米国カリフォルニア州サンフランシスコで現在、インテリアコーディネイターとして活躍する松本雅永さんは、英国人と結婚後、現地専門学校ウエスタン・デザイン・インスティチュートに通い、インテリアの学位 アソシエート・オブ・アート・デグリー Associate of Art degree (AA)を20代で取得しました。

松本雅永さん
米国でインテリアコーディネイターとしてビジネス展開する松本雅永さん
現在では、パーチェシング・エージェント Purchasing Agent(PA)として、家具のように大きいものから、備品・調度品など小さいものまで、インテリアに関わる品々の買付けを、地元サンフランシスコで行っています。

松本さんがプロジェクト・チームの一員として手がけた、ザ・リッツ・カールトン大阪やリーガロイヤルホテル東京(早稲田)など、日本国内の高級ホテルにも、インテリアデザイナーの統一した嗜好と予算にあわせて、彼女が選んだ照明器具や備品が、並べられているのです。

日米をビジネス・フィールドにする

日本では(社)インテリア産業協会が、インテリアコーディネイターの資格試験取得制度を実施。インテリアコーディネイターという職種に憧れるひとも多く、人気の高いライセンスです。

ところが、日本は地価が高いだけに、建物や内装にお金をかけるだけで精一杯。家具や備品が二の次になっているのが現状です。
それに比べて米国人は、自らのライフスタイルにこだわりをもっているので、予算の多くを「住空間」に費やします。
なんといっても、国土の広いアメリカのこと。住宅供給戸数は、なんと日本の25倍もあります。

そうしたことから松本さんは、アメリカで通用するインテリアコーディネイターとしての知識を習得し、日米間の取引に注力。ビジネスフィールドを拡げることで、受注先を増やしていくことに成功しました。

窓
石畳のサンフランシスコでビジネスフィールドを拡げるとともに感性も磨く
AAや、PAは、建築士ほどの広い職業領域はないものの、現地買付けに大きなコストをかけたくない日系企業やクライアントにとっては、かゆいところに手が届くニッチなライセンスでもあります。港町サンフランシスコの倉庫街には、センスの良いアメリカ家具を一同に集めたショールームが並びます。コンテナ単位で船荷して、日本への輸出業務を代行するのが、松本さんの主な仕事になりました。

さらに、松本さんは30代に日本の宅地建物取引主任者資格を取得。自らも東京にマンションを購入し、日本との往き来を頻繁にできるよう足場を固めました。
また、カリフォルニア州の不動産ブローカーとして、セールスライセンスも取得。物件成約後は、センスのよいアメリカ家具や備品を、卸し業者から購入代理することもあるわけで、仕事の領域も広がりました。

こうしたことから、サンフランシスコの自宅事務所を主軸に、着実に、インテリアコーディネイターとしての仕事を築いていったのです。