英国人の夫との結婚生活は?

松本雅永さんがインテリアの仕事を続けたもうひとつの理由は、英国出身の夫が多国籍企業を渡り歩き、単身赴任別居生活があったから。
日米はもとより、時としてアジアの他地域に拠点を置いて、二重生活、三重生活の時期が夫婦の間に訪れました。

べレスフォード氏と
英国人の夫べレスフォード氏と
こうした生活環境から、松本さんのインテリアに対する審美眼は、ますます磨かれることになります。現在お住まいのサンフランシスコにあるご自宅も、東洋と西洋の折衷がおみごと。「和」だけではない、アジアンテイストも、彼女の得意とするところです。

松本さんは大阪の短大を卒業後、しばらくはアジア系航空会社の客室乗務員・地上職員として勤務していました。16歳年上の夫、マーティン・べレスフォード氏との出会いは、転職先の都内PR会社勤務時代のことです。
欧州ベルギーでの新婚生活を経て、しばらくは東京とサンフランシスコを往復する日々が続きました。


ウェディング
まるで映画のワンシーンのようなウェディング・・とはいっても国際結婚は人一倍相手を理解することが求められる
そして、ついに夫婦ふたりの生活拠点を「リベラルな国アメリカ」に置くことになります。気候が温暖で、暮らしやすいといわれるカリフォルニア州。サクラメントやサンフランシスコと、転居を重ねるうち、松本さんはリフォームやインテリアの魅力にとりつかれていったといいます。

親日家であるべレスフォード氏は、P&Gやマッキンゼー、リーバイス、SGワーバーグ、ジャーデンフレミングなど、米国ないし在日の一流企業で証券アナリストとして活躍した、オックスフォード大出身の優秀な英国系アメリカ人(米国グリーンカードを取得)。
伝統を重んじる英国で育ち、多国籍企業で鍛えられたべレスフォード氏とは、育った環境や文化、立場の違いから、幾度となく夫婦の危機が訪れたといいます。

日本在住歴は通算14年を数え、日本人妻と苦楽をともにしてきたべレスフォード氏も、一昨年前、ついにハッピーリタイアをしました。

ゴールデンゲートブリッジが臨めるサンフランシスコの自宅で、移住して初めて、夫婦ふたりのゆったりとした時間を費やすことになったのです。