「このままでは終わりたくない」、そう思いながら日々の仕事に刹那的に取り組んではいませんか?社会の現場で技術や知識を体得したミドル世代のなかには、さらに多くの経験を積もうと海外に渡り、持ち前の才能を開花させたひとも数多くいます。
今回は、「世界を舞台にあなたの才能を発揮させる」をテーマに、移住先に人気の国オーストラリアのスキルド・ビザをご紹介します。


45歳未満が対象オーストラリアのスキルド・ビザ

ここ数年好景気が続いているオーストラリアでは、現在深刻な労働力不足に陥っています。80年代後半の日本がそうであったように、昨今のオーストラリアでも「スキル」、すなわち専門的知識・技能を身につけたひとの売り手市場です。ハワード首相は、次期会計年度にあたる2005年7月以降、技術独立移住ビザ Skilled Independent Visa を大量発行すると発表しました。一定期間を経て永住権を取得することも可能といわれるのが、このスキルド・インディペンデント・ビザ(略してスキルド・ビザ)なのです。

今回オーストラリア移民局(DIMIA)より発表された、スキル保持者へのビザ大量発行計画は、まさに今の時代を反映しているといえるでしょう。オーストラリアの会計年度は、7月から翌年6月末まで。今回の決定により、2005年7月1日以降、2万人ものスキルド・ビザを追加発行することになりました。

スキルド・インディペンデント・ビザ、(技術独立移住ビザ)は、美容師やシェフなど、手に職があって働いているひとが、比較的よい条件でオーストラリアに移住できるビザのこと。一定期間就労すれば、ゆくゆくは永住権を取得できる可能性もあります。
自分の人生プランにおいて、またとない大きなチャンス。上手にキャッチアップして、海外で人生のリ・スタートを切ることも、賢い生き方のひとつだといえるでしょう。

対象年齢には上限があり、45歳未満となっています。若さと技能を有し、オーストラリア移住後すぐに仕事に就けるひとが求められています。