将来はアメリカで年金を受け取る

ワーキング・パーミット(労働許可)が降りたことにより、中村さんはハリウッドで、晴れてオーディションを受験する資格を得ることができました。

俳優・女優といわれる職業、いわゆる「役者」のひとたちは、SAG(サグ)とよばれる労働組合(ユニオン)に加入することによって初めて、身分が保証されるといいます。ユニオンの仕事さえとれれば、必然的に加入が認められ、SAGカード(組合員証明書)をもらうことができるということで、中村さんはエキストラの仕事をいくつかこなし、ついにユニオンの一員となりました。

取材
年に一度は来日するという 写真提供:寺島政雄
中村さんはその後も、ハリウッドの映画や地元TVのリポーター、CMなどの仕事を数々こなし、日本のドラマやCMにも出演。一度は、摂食障害も経験しましたが、素直に自分と対峙しながら見事克服。現在も、ウエストハリウッドに在住しながら、元気に女優業をこなしています。

エージェントを通じ支払われるギャラは、将来の年金分が引き去りになっているといいます。「将来は、アメリカで年金を受け取るつもり。」と、彼女は、くったくのない笑顔で語ってくれました。

【関連リンク集】
憧れの街に永住する
ビザ・永住権を取得する
海外で学ぶ・ボランティア>留学・語学研修
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。