パソコンの選び方って?

パソコン選びは難しい
たくさんあるパソコンの中から一台を選ぶのは難しい
いざパソコンを買おうと思っても、たくさん機種がありすぎて「どれを買えばいいんだろう?」と、いろいろ迷ってしまいますよね。そこで今回は、パソコンを買うのが初めてというあなたに「パソコンの選び方」をお教えしましょう。ガイドがオススメする機種もあわせてご紹介します。

CONTENTS
■選ぶ前に
(1)まずは設置場所を考えよう
■何を買おう?
(2)とにかくパソコンを始めたい(入門者用)
(3)パソコンでテレビも見たい
(4)ビデオ編集がしたい
(5)ビジネスで使いたい
(6)どうしても持ち運びたい

まずは設置場所を考えよう


パソコンを選ぶときに忘れがちなのが設置場所。パソコンにはさまざまな形のものがあります。「買ったはいいけど、置き場所がない…」ということになってしまっては大変です。事前に「どこに置くか」ということを考えて購入するパソコンの形状を選びましょう。以下にそれぞれの形状について簡単に説明をしましたので、参考にしてください。

■タワー型(ミニタワー型)PC
大きな箱型をした形のパソコンのことです。場所をとるので、専用の机(場所)が用意できるならこの形をお勧めします。パソコンは発熱量の多い機械なので、熱を逃がす仕組みが充実していることが長時間安定して使える条件になります。タワー型は体積が大きく場所は取りますが、その分熱の逃げ場が多いので、テレビ録画の用途などで使い続けても安心です。また、パソコンのメモリを追加したりハードディスク交換などを行い性能を上げる場合にも、この形状は本体に空間の余裕があるため交換しやすい特性を持っています。
タワー型PC
専用の机が用意できるならタワー型PC(NEC ValueOne MT MT200/1A)


■省スペースデスクトップ型PC
学習机などに置くのならこのタイプが良いでしょう。例えば足元に設置してもあまり邪魔になりませんし、本体内部に熱の逃げ場があるのでテレビ録画のような連続使用にも問題なく使用できます。立方体のようなキューブ型もこのジャンルに含まれます。液晶一体型もこのジャンルに含まれますが、やや熱が逃げにくいことと、モニタが壊れた際には本体と同時に修理に出す必要があるので注意が必要です。
省スペースデスクトップ型PC
少し小さめの台や足元にも置ける省スペースデスクトップ型PC(DELL DEMMENTION 4700C)


■据え置き用ノートPC
普段はしまっておいて、使うときだけ出したいという方にお勧めです。重いので持ち運びには不便ですが、その分画面やキーボードが大きく、使用時にストレスを感じません。ただしノート型は熱を持ちやすいので、長時間の使用にはあまり向いていません。テレビ録画などで長時間電源をつけっぱなしにする予定のある方は、この点を十分考慮して選んでください。
据え置き用ノートPC
使うときだけ取り出せる据え置き用ノートPC(SONY VGN-A63)


■持ち運び用ノートPC
仕事や趣味で外に持ち出す方はこの形状でしょう。快適に持ち運べる目安として、A4サイズと呼ばれる大きさ(画面は14インチ)より小さいものが対象になります。重さも女性なら1キロ前後のものでないとつらいでしょう。選ぶ際にはバッテリーの持続時間に注意してください。カタログの数値と比べると実際の使用時の持続時間は大きく減りますが、6時間以上あれば十分だと思います。おそらくこれで2時間は持つでしょう。注意点として、あまり小さくなるとキーボードが打ちにくかったり、画面が小さくて見づらいためにストレスがたまります。1台目のパソコンとしてはあまりお勧め出来ない形です。
持ち運び用ノートPC
外に持ち出すなら持ち運び用ノートPC(DELL Inspiron 710m)


■テレビ型PC
テレビとして使うことを前提として作られたPCです。主な目的がテレビを見る事であれば間違いなくこれでしょう。ただしリビングに置くことを前提として作られている場合が多く、リビングに置いてしまった場合、キーボードで長時間操作するのには不便です。パソコンとして使うには向いていないでしょう。ただし、インターネットにつないでテレビ番組の情報について調べる、といったような用途で使うのであれば問題ありません。
テレビ型PC
リビングにおいてテレビも楽しめるテレビ型PC(SHARP TXシリーズ)



次のページから目的別にパソコンの選び方とお勧め機種を紹介します。