H.264変換機能はどう変わった?


H.264変換機能は、その基本スペックからしてBDZ-X90などの前世代から進化しています。前の世代ではH.264変換での解像度がフルHD(1920×1080ドット)ではなく、HD(1440×1080ドット)であることが不評でしたが、新世代BDZのH.264エンコーダではフルHD解像度の変換が可能になりました。

とはいえ、すべてのモードでフルHDになったわけではなく、ビットレートの高い3つのモードXR、XSR、SRモードだけがフルHD解像度になりました。LSRモードは残念ながら、HD解像度変換のままです。しかし、従来はSD解像度になってしまっていたLRモードが、新BDZではHD解像度で変換できるようになりました。

ちなみに各モードのビットレートは前機種から変わっていません。
録画モードビットレート解像度
XR15Mbps1920×1080
XSR12Mbps1920×1080
SR8Mbps1920×1080
LSR5Mbps1440×1080
LR4Mbps1440×1080
ER2MbpsSD
新BDZのH.264変換モードとビットレート、解像度の比較。

CREAS
従来はSD解像度だったLRモードがハイビジョン解像度となった。


次ページでは実際のH.264変換画質の話をします。