シンプルさを目指した新レコーダーRD-G503


日進月歩で進化し、日々、多機能化が進むレコーダーは、そのデメリットとして操作性を複雑化させています。これに対するアンチテーゼとして東芝からシンプル操作を目指したRD-G503がリリースされました。今回はこのG503を試してみました。
RD-G503
前面に液晶ディスプレイを搭載した東芝「RD-G503」。



今までのRDとどう違う?


このG503は今までのレコーダーとどのようなポイントが変わっているのでしょうか?500GBのHDDを搭載する同社のRDのRD-S503と比較してみると、主に以下のような違いがあります。

■カラーバリエーション
RD-S503がブラックのみであるのに対して、G503は黒と白の2つのカラーバリエーションがあります。メインリモコンの色は本体に合わせて黒あるいは白になります。
RD-G503
RD-G503ホワイトモデル。


■かんたん予約
曜日、時間などを指定するだけで録画予約ができる機能。TV画面でも操作可能ですが、G503は前面に液晶ディスプレイを搭載し、レコーダーを起動しなくても録画予約ができます。操作はボディ前面中央のボタンを使います。

■シンプルリモコン2
従来のシンプルリモコンにボタンが追加され、ボタン数30個となった新モデルのシンプルリモコン「シンプルリモコン2」が付属しています。追加されたボタンは主にTVの操作に関するものと「かんたん予約」機能の起動のためのものです。
RD-G503
左が従来のシンプルリモコン、右がG503に付属するシンプルリモコン2。


■スタートメニュー
スタートメニューにはDVDの再生に加え、DVDの「メニュー」、「トップメニュー」へ超苦節ジャンプできる項目が追加されました。

■長時間録画機能がない
流行の長時間録画機能を搭載しないことで、録画操作をシンプル化しています。H.264変換機能を搭載していないので、当然、DVDへのHD REC記録にも対応していません。

■XDE機能がない
DVDビデオを高画質に再生するXDE機能が省かれています。

■アナログチューナーがない
アナログチューナーが非搭載になっています。

次ページでは「かんたん予約機能」について紹介します。