あなたのレコーダーライフに時間は足りてますか?


RD-A1
東芝「RD-A1」は1TBという大容量ハードディスクを搭載している。
DVD・HDDレコーダーの登場当初、搭載するハードディスクは40GBや80GBというささやかなものでした。そのおかげで、ユーザーは録画を見ては消すという使い方を強いられ、録画が貯まっていって困るということはあまりありませんでした。しかし、今やレコーダーの搭載するハードディスクは飛躍的に大容量になり、なかには1TBというような大容量のハードディスクを搭載する機種もいくつか登場しています。

そして、現在の多くのレコーダーはキーワードやジャンルなどから、自動的に番組を録画する自動録画機能を搭載しています。これにより、ユーザーの意志を超えて、ハードディスクに大量に録画が貯まっていきます。貯まっていく録画に対して、ユーザーの時間は限られているので、徹夜で録画を見て寝不足になったり、録画を一度も見ずに消したりした経験のある人も多いのではないでしょうか?

こんな問題に対処するために、最近の一部のレコーダーはより効率的に録画を視聴するための機能を搭載してきています。この記事ではその代表的な機能を紹介します。

■Contents
1. より短時間で録画を視聴できるマジック
2. ソニーBDZ-V9のダイジェスト再生機能をチェック
3. まとめ


次ページでは、より短時間で録画を視聴できる機能と、機能を搭載しているレコーダーを紹介します。