白い食器を揃えるには

白い食器は、何の料理にでも合わせやすく、料理が映えるのが魅力です。食器の色とサイズが統一されていると、収納時の見た目が美しく気持ちのよいものです。
白に限らず、食器を揃える際、もっとも重要なのは「自分がどんな料理を作るか、あるいはうちでどんな料理を食べるか」でしょう。使いもしない「パフェグラス」をたくさん持っていてもしょうがないし、お客様が多ければ、大皿があった方が便利です。さまざまなシチュエーションに合わせて、持つべき食器をリストアップするとよいでしょう。

白で揃えるからといって、何から何まで同じメーカーのもので揃えることもありません。白といっても、生成りや純白などさまざまなトーンがあります。その白のトーンと大きさ、テイストさえある程度合っていれば、不自然にはなりません。ただ、欠けたときの買い足しができるよう、なるべく定番物を選ぶと便利です。

また、食洗機を使っている場合、その食器が対応しているかどうかは必ず確認しておきましょう。レストランで使われる業務用にはシンプルな白い食器が多いですが、これらはほとんどが食洗機に対応しているので、検討してみるのもよいでしょう。ただし、小売はしていない場合もあります。