先月の記事、「最新Top 20ランキング! 世界で一番豊かな国はどこ?」では、国民生活の豊かさを測る“HDI(人間開発指数)”の評価項目と2004年の順位について取り上げてみました。HDIは、UNDP(国連開発計画)が発表する人間開発報告書の指標の中心として注目されますが、この文書にはほかにも興味深いデータが含まれています。海外生活に関係の深い数字を2回に分けてご紹介しましょう。

女性の社会参画度を図るジェンダー・エンパワーメント指数

初回はまず、「これから海外生活する」という人にぜひ見ていただきたい“ジェンダー・エンパワーメント指数(GEM)”。GEMは、女性が経済や政治活動に参加し、意思決定に参加できるかどうかを測る指標です。「エンパワーメント」は、日本語に訳すと「力をつけること」。基本的な人間の能力がどこまで伸びたかを測るHDIに対し、GEMは女性がその能力を社会生活に活かせているかどうかを示しています。

ここでは、留学やワーキングホリデーで、日本人が多く滞在する9ヵ国プラス日本に絞って、最新ランキングを見てみましょう。

【2004年HDI & GEMランキング】
 

HDI順位
(175ヵ国中)

GEM順位
(78ヵ国中)
オーストラリア
3
8
カナダ
4
10
米国
8
14
日本
9
38
英国
12
18
フランス
16
....
ニュージーランド
18
11
ドイツ
19
9
韓国
28
68
中国
94
....
『人間開発報告書2004年版』より抜粋
(HDIの背景や評価分野、Top20 ランキングはこちらで確認)

日本は開発途上国!?

一般に先進国ではHDIとGEMがともに高いのがフツウ。でも、日本の場合は、HDIと比べてGEMが極端に低くなっています。内閣府男女共同参画局によると、「基本的な人間の能力の開発及び女性の能力の開発は進んでいるものの、女性が能力を発揮する機会は十分でないといえる」 ということになります。もったいない話ですよね!

これを「女性の社会進出度38位に浮上」と報道した新聞社がありました。確かに昨年の44位からランクをあげてはいるものの、GEMが発表された95年以降、日本はずっと40位前後を上がったり、下がったり。おまけに、GEMが測定されているのは全部で78ヵ国だけ……。この分野では日本は開発途上国といったほうが正解なのではないでしょうか。

ちなみに、GEMの上位5ヵ国はノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、オランダ。日本のひとつ上の37位はフィリピン、ひとつ下の39位はハンガリーとなっています。フランスと中国がランキングに入っていないのは、元になるデータの一部が測定されていないためです。

元になるデータって何? 10ヵ国国際比較>>