味覚の秋!お菓子の世界でも新製品が続々登場♪

スーパーなどでも旬の果物や魚などが目を引く季節になりました。自然の収穫物だけでなく、お菓子でも秋を意識した商品や季節限定品が続々登場しています。気になる商品やお気に入りの1品、食べてみましたか?

この秋発売の美味しいお菓子情報はAllAboutコンビニグルメスイーツ化するスティック菓子に詳しく載っていますが、中国語サイトではこのお菓子に注目しました。

「きのこの山」「たけのこの里」ブライダルパッケージ登場

可愛いきのことたけのこを形取ったチョコレート菓子♪みなさんご存じですよね?その「きのたけ」のパッケージが「ブライダルパッケージ」になっていることにお気づきですか?
これは、プッカ姫(若槻千夏さん)ときのこの山代表(ナインティナイン岡村隆史さん)との結婚お祝いとして製作されたものです。

この結婚は、ナインティナインのふたりがプッカ姫にプロポーズしたところ「香港で結婚しよう!」と言ったオカムラ氏が見事姫のハートを射止めたことで実現しました。(実際はキャンペーン企画ということで、ハガキによる投票で決定されました)

そんなわけで2人はめでたく香港で結婚式を挙げたのですが、その幸せそうな様子はTVCMで放映されました。


香港で結婚式♪パッケージでわかる中国の結婚習慣

お2人は中国人ではありませんが、香港で結婚式を挙げたということで、中国式の習慣を取り入れている部分もあるようですね。まずはパッケージに注目しましょう。

上部中央にこんなドラゴンのイラストがあります。
この文字は「喜」という文字が2つ並んでいるのではなく、これが一文字です。
【双喜字】[shuang1xi3zi4]という新婚ホヤホヤを象徴する文字なのです。慶事を象徴する紅色と、財力を象徴する金色で書かれています。

この文字は中国の結婚式では欠かせない飾りです。結婚披露の場だけでなく、新婚夫婦の部屋にもこの文字を飾ってお祝いする伝統があります。ベッドカバーやソファ、持参した嫁入り道具やプレゼントはもちろんのこと、窓や壁、柱、ドアなどありとあらゆる部分に飾られます。

ドラゴン【竜】[long2]も古くから使われている縁起のよい動物図案で、慶事にはしばしば登場します。

「きのこの山」「たけのこの里」の文字の両側にこんな飾りがありますが、福が逆さまになっています。

この【福】の文字は、よく春節などに「新年に福を招く」という意味で家庭の扉や壁などに飾られる文字です。

福を逆さまにするのも縁起担ぎで【福倒了】[Fu2dao4le]=「福が逆さまになった」と発音が同じ【福到了】[Fu2dao4le]=「福が来た」を掛けているのです。


パッケージだけでもプッカ姫夫妻のラブラブな雰囲気が伝わってきますね。

次のページでは2人の挙式風景からかいま見える中国の結婚習慣についてご紹介しましょう。