中華風のおかゆを作ってみましょう。
もち米とふつうのお米を混ぜて、20分足らずでできあがる超簡単なおかゆです。
クコの実を基本にして、いろいろなトッピングをお楽しみください。
風邪気味で何ものどが通らない時や、昨夜のアルコールが残って食欲がない時にはこのおかゆは絶品です。
風邪を治すには、まず食べることから・・・ですよね。

 
 

材料は、いたってシンプルです。ひとり分の量は
※お米20g+もち米20g クコの実10g お水200cc 鶏ガラスープの素・大さじ一杯

 

3~4人分なら少し大きなお鍋、鉄鍋があればそれが一番美味しく炊けます。
鶏ガラスープを水で溶き、煮立てた中に、洗っておいたお米をそっと入れます。

     
 
ひとり分のおかゆなら、小さな土なべを使いましょう。
煮立ってくるまで強火で煮ながら焦げ付かないように時々ゆっくりと混ぜてやります。、その後ふたをして弱火に切り替えます。
  約20分間弱火でコトコト煮ると、もうでき上がりです。火をとめてから、洗って水切りしておいたクコの実を加えます。
 
トッピングは紅ショウガ、はちみつショウガ、梅干し、炒りごま、セリ、浅葱、などお好みに応じて用意します。   卵をとじたり、ごま油をホンの数滴たらすだけで中華風おかゆになるから不思議です。
     
特に風邪気味の時は、できあがったおかゆに、すったショウガ汁を加えてお召し上がりいただくと、効果テキメンですよ!!
     
(C)Oct..2001 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。