2008年エアコン
2008年度新製品で『省エネ大賞』に選ばれた2メーカーはこちら!各社の特徴をご紹介します。
家庭の電気代の1/4を占めるエアコンは、買い替えるだけで省エネ効果があると言われる家電の代表格。10年以上前のエアコンをお使いなら、本当に買い替えた方がお財布にも環境にも良いかもしれませんね。そこで今回は、2008年度新製品から『省エネ大賞』に選ばれた2メーカーに注目。省エネ性能はもちろん、快適性能もしっかりアップしています。では、ガイドおすすめのポイントをご紹介したいと思います。


<INDEX>


ステンレス仕様でクリーン~日立エアコン・白くまくん

日立エアコン・白くまくん
日立エアコン・白くまくん
【Xシリーズ】
キャラクターの「白くまくん」がメタル仕様になっていたり、「ステンレスママ」が登場するCMが印象的な日立のエアコン。内部にステンレスをはじめ、防汚・除菌効果の高い金属を採用しているのが最大の特徴です。さらに最上位機種である【Xシリーズ】は、高級感あるデザインに加え、女性にうれしいイオンミスト機能も搭載。ちょっと期待のエアコンです!

■内部がいつもキレイな“ステンレス仕様”
日立エアコン・白くまくんイメージ
ステンレスは、汚れがつきにくい防汚効果と除菌効果が特徴。だからいつも清潔!
他社との一番の違いは、このステンレス仕様。空気の入り口から出口までを、ステンレスはじめ、銀イオン・チタンの力でクリーンにします。ステンレスは、除菌効果があり、汚れがつきにくいのが特徴。そのため、エアコン内部に汚れがつきにくくなり、キレイがずっと続きます。ステンレスフィルターは油汚れに強いので、油煙が出やすいダイニングや、オープンキッチンのリビングダイニングにおすすめです。

■お肌にうるおいを与える“イオンミスト”
日立エアコン・白くまくん“イオンミスト”
スチームの約1/20,000の超微細なイオンミストだから、お肌にしっかり浸透します(※画像:日立サイトより)
新機能として注目なのが“イオンミスト”。冷暖房中に気になるお肌の乾燥を軽減する機能です。空気中の水分からナノサイズ(スチームの約1/20,000)レベルのミストをつくって室内に放出。このナノレベルのミストは、部屋を加湿することなく、お肌にうるおいを与えてくれる新機能。女性にはうれしい機能です。特に、加湿はしたくないけどお肌の乾燥は避けたい冷房時に活躍しそうですね。

■ひと目で分かる省エネ表示“白くまくん”
ひと目で分かる省エネ表示“白くまくん”
CO2削減の効果がひと目でわかる“白くまくん”の表示。11年前のエアコンから買い替えた場合、約335kgものCO2を削減できるそうです。
ひとつ下のクラスとなる【Sシリーズ】で、省エネ大賞を受賞している日立ですが、この【Xシリーズ】は、さらに上を行く省エネ性能を実現しました。日立では、CO2削減目標「1人1日1kg」=1年で365kgが、ちょうど白くま1頭分の体重に相当するということで、白くまに色を塗ることでCO2削減の効果を表現しています。白くまの緑の部分が多いほど、省エネ効果が高いという意味。家電選びのひとつの指標として、参考にしてみて下さい。


次は、空気清浄が自慢のエアコンです。引き続きどうぞ~!>>