空気を分離し吸引力を持続~東芝・タイフーンロボパック

東芝・タイフーンロボパック
東芝・タイフーンロボパック
【VC-20TP】※3色展開
参考価格:¥53,000前後
自動フィルターお掃除機能で、いち早くフィルターお掃除10年不要を打ち出し、人気となった「タイフーンロボ」シリーズ。今年は紙パックタイプ「タイフーンロボパック」が登場しました。ややメカニックだった「タイフーンロボ」ですが、今回は全体的に可愛らしい印象を与えるフォルムと色合いになりました。では、可愛らしさの中に秘めた実力をチェックしてみましょう。

■吸い込んだ空気を分割し吸引力を維持
東芝「タイフーン分離ロボ」
紙パックがいっぱいになるまで強い吸引力を維持できる、新機構「タイフーン分離ロボ」
紙パックの場合、ゴミが溜まってくるとどうしてもパックが目詰まりを起こし、吸引力の低下が起こってしまいます。これを解決したのが、本体内部の風路を2分割する「タイフーン分離ロボ」。大きなホコリは紙パックへ、微細な塵は別風路にあるフィルターでキャッチします。フィルターに着いたチリは自動で落とされ、5つの弁を切り替えて本体内部をエアーで浄化する際に、紙パック内に戻すというカラクリ。これにより、紙パックいっぱいまで吸引力を持続します。

■脱臭力2倍のトリプルフィルター
脱臭トリプルフィルター
3つのフィルターで排気の臭いを強力脱臭/(1)ゼオライト脱臭フィルター×2つ・(2)高性能トリプルパックフィルター
3つの脱臭フィルターにより、排気をとことん脱臭。さらに、微細な塵をキャッチする「ヘパクリーンフィルター・アレルゲットフィルター」と、雑菌の繁殖を抑える「光触媒抗菌フィルター」で、よりきれいな排気を目指しています。また、排気もゆるやかに斜め上に排出して、ホコリを巻き上げにくいよう配慮されています。

■ワンタッチで捨てられる紙パック
東芝・紙パック
ワンタッチでゴミ捨てができるのは、紙パックならでは!
遠赤外センサーで紙パック内のゴミの量を検知する「紙パック見張りセンサー」で、ゴミがいっぱいになると音と光で知らせてくれます。紙パックは、ハンドルつきの紙パックホルダーを持ち上げて、ボタンを押せば落ちる仕組み。直接手を触れずに捨てられ、簡単で衛生的です。大掃除は、普段よりヘビーなホコリを吸うため、簡単にポイっと捨てられる紙パックは、やっぱり魅力的ですね!

★ガイドの感想★
東芝・360度回転ホースイメージ
付け根が360度回転するホースは、小回りが効いて便利!
豆のような形と鮮やかな色合いに、売り場でもつい目に留まる掃除機ですが、形が変わっている効果はそれだけではありません。ホースを本体上部に差し込む形となっているため、ホースの付け根が360度回転可能となっています。使ってみると、これが実に小回りが効いて動かしやすいのです。考えてみれば、大半の掃除機はホースの差込口がヨコになっているため、方向転換をしようとすると、本体がゴロンと裏返ってしまうことも。この360度回転タイプなら、そんな心配は無用!カワイイだけじゃない機能性は注目のポイントです。


次も“360度”がキーワード!クルクルとラクに動く掃除機です!どうぞ~>>