日立・風アイロンビッグドラム BD-V2000
日立・風アイロンビッグドラム
BD-V2000
市場参考価格:300,000円前後
今年の秋発売となった洗濯乾燥機の中でも、ひときわ注目を浴びているのが、この日立“風アイロン ビッグドラム”。テレビCMや家電特集で「アイロン要らず!」というキャッチフレーズを耳にし、魅了されている方も多いのでは?アイロン大嫌いのガイドも、もちろんその一人! しかし、本当にアイロンをかけないで済むほどシワが無くなるのでしょうか...これは確かめないわけにはいきません。

そこでさっそく、日立に「我が家の洗濯モノを洗わせて下さ~い!」とお願い。快く使わせて頂けましたので、その様子をご報告致します。“風アイロン”の実力、とくとご覧下さい!
 
<INDEX>

 

素材違いのシャツで“風アイロン”に挑戦!

持参した洗濯物
持参した洗濯物、麻シャツジャケット・混紡シャツ・綿100%シャツなどいろいろ
図々しく自宅の洗濯物を持参したガイド。今回は、乾燥ジワの具合を確認したいので、普段、洗濯機で洗っているシャツの中から、綿・混紡(ポリエステル65%・綿35%)麻など素材違いを4枚と、Tシャツ1枚を持参。カタログによると、シワの残り具合は「1~2kg/アイロンなしでもこんなにきれい!」となっていたので、今回は上記シャツ類5枚+タオルを加え、2kg弱で試すことに。
 
汚れ落ち試験
【汚れ落ちチェックに使用したテスト用汚れ】左上:口紅/左中:焼肉のタレ/左下:ぶどうジュース/右上:ファンデーション/右中:ドロ汚れ/右下:コーヒー
また、せっかくなので、汚れ落ちも同時に確認。日常生活で付きそうな汚れを想定し、綿布に6種類(口紅・焼肉のタレ・ぶどうジュース・ファンデーション・ドロ汚れ・コーヒー)を付け、タオルに安全ピンで留めたものを2つ用意しました。そして片方だけ洗い、洗濯前後の差をチェクすることにしました。
 
操作パネル
操作はいたって簡単。『洗乾』ボタンを押し、標準コース・風アイロンを選択してスタート!
以上の洗濯物を投入し、電源を入れ『洗乾』ボタンを選ぶと、洗い・すすぎ・脱水などの時間と回数が表示されます。今回は、標準コース・風アイロンを選択。「スタート」ボタンを押すと、洗剤量が表示されますので、それに従い洗剤を投入!あとは仕上がりを待つだけです。


仕上がりを待つ間、洗濯機の様子を観察しつつ、乾燥ジワが無くなる原理について教えてもらいました。では、次ページでご紹介しましょう。>>