ミニホットプレート“EUPA(ユーパ)MINI GRILL”

最近ガイドが購入したお気に入りの【卓上家電】“EUPA(ユーパ)MINI GRILL”は、ひとり用ホットプレート。巷には、実にいろいろなホットプレートがありますが、こちらは、そのサイズがおすすめなのです。

ミニグリル
EUPA(ユーパ)MINI GRILL
左/【平面プレート】タイプ・右/【波型プレート】タイプ

この商品のコンセプトは「おひとりさま」。焼肉やお好み焼きが食べたい時に、ひとりで手軽に食べられるようにと、かなりコンパクトなサイズのホットプレートとなっていいます。最近は女性の「おひとりさま」もステイタスになっていますが、ひとりで焼肉屋やお好み焼き屋へ入るのは何となく気が引ける、そんな時にどうぞ!という商品です。


コンパクトサイズが最大の魅力

ミニグリル
購入した【平面プレート】タイプ
しかし!ガイドは「ひとり焼肉」をするのではなく、朝食用として購入。朝、テーブルにホットプレートと必要な食材を出しておくだけ。後は、各自が好きなものを焼いて食べるという手抜きスタイルの必須アイテムなのです。ハムやベーコン・卵はもちろん、パン・焼きおにぎり・お餅から干物まで実にいろいろなものが焼け、これがまた便利なんです。

ミニグリル
右/一般的なホットプレート
左/ミニグリル
一般的なサイズのホットプレートは結構大きいもの。いつも、4人・5人が一度に揃って食べるなら、調度よいもしれません。でも、朝は食事の時間もバラバラになりがちです。少人数で食べているご家庭も多いのではないでしょうか?また、大きいと出すのも片付けるのもちょっと面倒。かといって、出したままにしておくのも邪魔です。

ホットプレートとミニグリル
ランチョンマットにすっぽり納まるコンパクトサイズ
そこで、断然おすすめなのが、このコンパクトサイズなのです。ランチョンマットにのる程度の大きさですから、とても扱いやすくて便利。重さも、大きいサイズだと軽くても3kg程度になりますが、これなら0.78kgと軽く、本当にお皿を出すのと同じ感覚で手軽に使えます。

ミニグリル裏面
本体裏にしまえる電源コード
また、電源コードも本体裏にコンパクトに収納できてすっきり。ちょっとしたことですが、うれしい配慮ですね。さらに、価格も1,200円前後(市場参考価格)とお手頃!本当にお皿1枚分ですよね。

ミニグリル
本体のON-OFFスイッチ
本体には、電源ON-OFFスイッチが付いています。一般的なホットプレートのような細かい温度調節はできませんが、サーモスタット式になっているので加熱しすぎにはなりません。若干気になるのがメンテナンス性。プレートが本体から外れないため、プレートの丸洗いができません。しかし、フッ素コーティングのプレートなので、濡らしたクッキングペーパーなどで簡単にふき取ることはできます。

* * * * *

いかがですか?朝食のテーブルに、この“MINI GRILL”をセットすれば、台所に立つ時間もかなり減ります。さらに、忙しい朝でも子供とおしゃべりしながら食事ができて、一石二鳥ではないでしょうか?


EUPA(ユーパ) ミニホットプレート
TSK-2131P

  • サイズ/幅296mm×奥行210mm×高さ78mm
  • 重さ/0.78kg
  • 電源100V/消費電力700W
  • 市場参考価格/1,180(税込)
    ※ご購入は...Amazonなど
    ★ミニ電気焼肉器 TSK-2131Wはこちら
※『EUPA(ユーパ)』とは、台湾の家電メーカー「燦坤(サンクン)日本電気株式会社」が1997から日本で販売開始している自社ブランドです。


【関連記事】
 ガイドのおすすめ家電・キッチン編Vol.5小さな働き者・ミルククリーマー
 ガイドのおすすめ家電・キッチン編Vol.4便利でおいしいワッフルメーカー
 ガイドのおすすめ家電・キッチン編Vol.3お手軽&便利なフードカッター
 ガイドのおすすめ家電・キッチン編Vol.2キッチンを演出するデザイン家電
 ガイドのおすすめ家電・キッチン編Vol.1ヨーロッパの定番“電気ケトル”



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。