パナソニックのホットプレート・グリル鍋

業界初のIHホットプレートを今年発売。電気式ホットプレート2種のほか、卓上IHコンロも多々あります。今年発売のIHは平面プレートと鍋の両方が使えるため、今後の主力商品になると言えるでしょう。IHのホットプレートが今後のスタンダードになっていくのか楽しみ。

■代表機種(IHホットプレート):KZ-HP2100
熱源にIHを採用した、初のIHホットプレート。IHの高火力に加え、プレート厚も8.7mmと従来の4.5mmよりかなり厚くなり、蓄熱性が向上し焼きムラも軽減されている。本体もフラットなので、メンテナンスも楽だが、プレート類が本体と一緒に納まらないのが残念。
 


■代表機種(卓上IH調理器):KZ-PG33
IH卓上コンロ+鍋タイプ。鍋が煮立ったら自動で火力を抑えて吹きこぼれを防ぐ「鍋だし作りコース」や「味しみこみコース」など便利なモード搭載。IH対応であれば、手持ちの鍋やフライパンも使えるので便利。


【関連サイト】
パナソニック 公式サイト:ホットプレートIH調理器
グリル鍋おすすめ人気ランキング10選|一台で料理の幅が広がる!
ホットプレートおすすめ人気ランキング10選|使いやすいモデルはこれ!
コンパクトホットプレートおすすめ人気ランキング10選|使い勝手良し!食事をみんなで楽しもう!  



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。