ヨーロッパで愛用されている“電気ケトル”

ガイドおすすめの一品“電気ケトル”!皆さんも、ホテルの客室などで使ったことがあるのではないでしょうか?日本で「お湯を沸かす」と言えば、ガスコンロで沸かすか、電気湯沸しポットを使うのがメジャーですね。でも、ヨーロッパではこの“電気ケトル”が、家庭やオフィスで広く愛用されています。今回は、そんな“電気ケトル”についてご紹介したいと思います。

  INDEX
 1:ガイドおすすめ!
   T-FAL(フランス)・ヴィテス エクスプレス 1L
 2:各国のスタイリッシュボディーな“電気ケトル”達


おすすめポイント満載!安全・便利・経済的で新鮮?

こちらが、ガイドおすすめの『T-FAL・ヴィテス エクスプレス 1L』。白くて丸いボディがキュートで可愛らしい“電気ケトル”です。

この“電気ケトル”使ってみると、実に安全・便利でしかも省エネ。では、この“電気ケトル”のおすすめポイントを詳しくご紹介してみたいと思います。


安全です!
●中の水が沸騰すると自動的に電源OFF
ガスコンロにやかんをかけていて、うっかり・・・なんてことありませんか?自動で電源が切れるので、空焚き防止ができ安全ですね。
●沸騰してもハンドル部分は熱くならない
やかんだと、ハンドルが熱くて持てなかったりしますが、電気ケトルは素手で持っても大丈夫。これなら火傷の心配はありませんね。

便利です!
●スイッチを押すだけ
使い方は簡単!本体を電源プレートに置きハンドルのスイッチを押すだけです。
●ケトル本体がコードレスだからどこでも移動可能
保温ポットは、電源につないでおかなくてはなりませんよね。でも、電気ケトルは、ケトル本体と本体をのせる電源プレートに分かれていますので、ケトル本体がコードレス。これなら、簡単にテーブルへ持っていけます。
●底面が熱くない
やかんと違い、お湯を沸かした直後でも、底面は熱くないのでテーブルの上にそのまま置けます。どこでも手軽に持ち運べるので、とても便利です。

経済的です!
●素早く沸くので省エネ
電気ポットに比べると、とても早くお湯が沸きます。コーヒーカップ1杯(130cc)を約60秒で沸かします!
●必要な時に必要な量だけ沸かすので経済的
保温ポットだと、ついつい使わないのに電源を一日中入れたままにしていませんか?電気ケトルは、沸かす度に自動で電源が切れるので、無駄がありません。

新鮮です!
●その都度お湯を沸かすのでフレッシュ
保温されたお湯で入れるお茶より、沸かしたてのフレッシュなお湯でお茶を入れると、より美味しいのではないでしょうか?
●メンテナンスも楽々
また、ケトルの内側に電熱線がでていないので、お手入れが楽にでき衛生的です。これならいつまでもキレイに保てますね。

*****

いかがですか?やかんと電気ポットの良いところが、上手くミックスされていますよね。これなら子供からお年寄りまで、誰にでも使いやすいのではないでしょうか?ご自宅用としてはもちろん!新生活スタートのプレゼントや、入院時のお見舞いなどにもおすすめです。

■T-FAL(フランス)・ヴィテス エクスプレス 1L
○サイズ:(電源プレート含む)W248×D160×H198mm
○重量:(ケトル本体)720g
○消費電力:1450W
○小売希望価格8,000(市場参考価格5,800前後)
※1リットルサイズの他に、1.5リットル・1.7リットルサイズ
 があります。用途に応じてセレクトして下さい。

ご購入は・・・楽天


ご紹介したもの以外にも、いろいろな国からやってきた“電気ケトル”があります。では、次ページもどうぞ!

 各国のスタイリッシュボディーな“電気ケトル”達>>