シリアルNo登録で、万全なアフターサービス

 
dyson掃除機アフター
ダイソンデジタルモーターの診断表示部分
『ダイソンデジタルモーター』が感知したクリーナーの状態が、本体スイッチ脇のランプで表示されます。

「青は正常・黄の点灯は異物の詰まり・黄の点滅はモーターの過熱・赤の点滅はdysonへ連絡」と、このサインによりトラブルの内容が解るので、適切に対処することができます。
 
アフターメンテナンス ★★★★★
購入後、dysonカスタマーセンターへ、本体に記載のシリアルNo.を登録するシステムになっています。(ハガキ・WEBで登録可能)

登録をしておくと、お客様相談室への連絡が必要になった際に、故障時に本体から出るモデムの信号音を電話機で送信すると、dysonオペレーターのコンピューター画面に、クリーナーのデータ(掃除機のシリアルナンバーやクリーナーの状況など)が表示されるという、画期的なシステムが搭載されています。

故障をした時は、ただでさえイライラしているのに、保証書を探したり、故障の状態を説明するのは、嫌なものです。それがこのシステムでカバーされるのは、とても便利!しかも保障期間は2年間。さすが、カスタマーサービスには定評があるdysonです。


 

dyson新機種【DC12】の総合評価は!

 
総合評価 ★★★★☆
【基本性能】
掃除機に一番必要な集塵力は、ハイレベル。しかも、その力が持続できるのも素晴らしい点。また、排気の臭いゼロは評価大!

【使い勝手】
操作性や細かい仕上がりは、まだ改良の余地があると感じます。しかし、本体がコンパクトになり収納方法も優れている点はおすすめ。

【デザイン面】
好き嫌いがあるとは思いますが、やはり見ていて格好が良いと感じるのではないでしょうか。ガイドは個人的に好きなデザインです。

【コスト面】
メンテナンスに費用がかからない点と、保障期間の長さが魅力ですが、購入価格が7万円台と国産に比較すると高いのが微妙なところ。

以上のポイントを総合的に判断し“★”4つとしました。
 
* * * * *

いかがでしたか?ガイドとしては、「吸引力が落ちない・集塵力が優れている」という、掃除機としての【基本性能】にウェイトを置き高く評価しました。しかし、細かい使い勝手や緻密な仕上がりをより含めるのであれば、価格的に「やや高いかな?」と感じるかもしれません。

でも【家電】は、見て使って「楽しい」と感じることも重要なポイントではないでしょうか?ガイドは掃除が大嫌いですが、この掃除機なら積極的に「使おうかな?」と思わせてくれそうです。皆さんは、どう感じますか?


【製品情報】
dysonホームページ
【関連INDEX】
掃除機・クリーナー
キャニスター掃除機おすすめ人気ランキング10選|サイクロン式と紙パック式を徹底比較!
ロボット掃除機おすすめ人気ランキング10選|付加機能満載の高コスパモデルはこれ!

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。