ケルヒャー水フィルター掃除機
ケルヒャー水フィルター掃除機
K5500
最近、掃除機売場では“紙パック”と“サイクロン”が2大勢力として君臨しています。皆さんも、どちらが良いか迷うのではないでしょうか?

吸引力がありゴミ捨てがラクな“紙パック”と、吸引力の持続と紙パック無しで経済的な“サイクロン”どちらも魅力的です。しかし、紙パック式は排気が気になるし、サイクロンだとゴミ捨ての度にホコリや花粉が舞い散るし...という心配も。

そこで今回ご紹介したいのが『水フィルター式クリーナー』。集塵力が持続し、ゴミ捨ての時もホコリが舞い散りません。ハウスダストや花粉が特に気にるあなた、ピッタリかもしれませんよ!

では、その構造や特徴をご紹介します。また、ガイドも実際に使ってみましたので、あわせてご報告致します!

<INDEX>
  • 仕組み&おすすめポイント・・・P.1
  • ガイドの評価「項目別」・・・P.2
  • ガイドの評価「総合評価」・・・P.3
  • ケルヒャーとは?・・・P.3


  • 水フィルター掃除機の仕組み

    ケルヒャー水フィルター掃除機の構造
    内部構造

    (1)水フィルター(2)モーター保護フィルター(3)HEPAフィルター
    この掃除機の最大の特徴は「水がフィルターの役目をしている点」です。では、簡単に構造についてみてみましょう。

    掃除機本体に水を貯めるタンク(コンテナ)があり、このコンテナ内の水がフィルター右図(1)の役目を果たします。吸引したゴミが水の中に取り込まれ、水の中にゴミを残して、空気だけが本体から出て行くという仕組みです。本体から排出される空気は、モーター保護フィルター右図(2)HEPAフィルター右図(3)の2つのフィルターを通過するため、よりクリーンになって室内に排気されます。

    吸い込まれたゴミは「水フィルター」で98.1%取り込まれます。さらに残ったホコリと湿った空気に含まれている微細な物質は「モーター保護フィルター」でさえぎります。最後に排出口のHEPAフィルターで0.3ミクロン以上の粒子を99.996%カット。これで、カビや花粉もしっかり除去されます。



    おすすめポイントは3つ

    このクリーナーのおすすめポイントは、以下の3つ。

    Point1:紙パック不要
    タンク内の水にゴミを取り込むため紙パックを使用しません。
    必要なのは水道水だけなので経済的です。
    Point2:吸引力が長続きする
    紙パックがフィルターの役割りを果たすことになる“紙パック式”は、ゴミが貯まるとどうしても吸引力が落ちますが、水フィルターのためフィルター目詰まりがなく、安定した吸引力が保てます。
    Point3:ホコリが舞い上がらず快適
    ゴミが水中に取り込まれるため、ホコリが舞い上がりません。
    これならゴミ捨ての度に、ホコリを吸う事がなく快適です。

    次ページでは、いよいよ使用感リポートです!
    果たしてその、吸引力&集塵力・排気・音は???>>