エアコン選び気になる経済性!

エアコン選びで気になるのが“コスト”ですよね。今回は、高性能機種ということで「居間用」を想定し12畳用(冷房能力3.6kw)でエアコンを比較してみました。
(設定のないメーカー(表中*印)は14畳用機種で掲載しています)

ランニングコストに関しては、どれも2004年の省エネ基準をクリアしているので、大差はありません。14畳クラスでは、139%の三菱重工がトップ。
購入時のコストを見てみると、多少差が見えますね。下表のデータでは、Nationalは、14畳クラスなので若干不利ではありますが、10畳クラスで比較しても他メーカーより高めになります。
それに対しSHARPやや高めなのですが、10畳クラスだと他メーカーと同価格となります。何故でしょう?不思議ですね。

購入の際には、ランニングコスト購入時のコストの両方をチェックしましょう!

*エアコンのランニングコストと市場参考価格*
メーカー期間消費電力
/COP値
/省エネ達成率
市場参考価格
SANYO(SAP-E36N)1363kWh/4.68/128%148,000
SHARP(AY-P36XC)1351kwh/4.68/128%178,000
ダイキン(AN36DRS)1321kwh/4.95/135%158,000
東芝(RAS365JDR)1356kwh/4.81/131%158,000
National(CS-XE403A2)1477kwh/4.71/129%198,000
日立(RAS-3610RX)1338kwh/4.81/131%148,000
富士通ゼネラル(AS40JPZ2W)1567kwh/4.55/124%168,000
三菱重工(SRK36SE)1321keh/5.10/139%148,000
三菱電機(MSZ-Z36L(S))1366kwh/4.75/130%148,000

※期間消費電力
→年間の冷暖房の使用を想定して消費する電力の試算
※COP値=エネルギー消費効率
→この値が高いほど効率が良い
※省エネ基準達成率
→高いほど省エネの器具となります





=エアコン徹底比較INDEX=

1.ビジュアル
  エアコン各社、ことしのデザイン

2.基本機能
  室内を早く・ムラなく快適温度に維持!

3.コストパフォーマンス
  徹底比較!経済性の高いエアコン

4.最新機能
  今年のエアコン選び、ポイントは空気の質!

5.メンテナンス
  注目のお掃除ラクラクエアコン!





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。