市役所で日本チームのポスター発見!前列左から2人目が若き日の中田。後列右端はキーパー川口。左端がゴン中山。
フランス一の利用者数を誇る温泉といえばエクス・レ・バン(Aix-les-Bains)。アルプスの裾野、美しいブールジェ湖を見下ろす高台に広がる温泉町は、実はかなりの日本人が耳にしたはずの有名な場所です。

今年、2006年はご存知、サッカーワールドカップの年。そして前々回、1998年にフランスで開かれたワールドカップに、初めて参加した日本ナショナルチームがキャンプを張った地こそ、このエクス・レ・バンだったんです!

INDEX
  アルプスの自然と温泉の街エクス・レ・バン
  市庁舎前の国立温泉センター
  もう一つの温泉センター
  豪華なホテル群
  エクス・レ・バン情報


アルプスの自然と温泉の街エクス・レ・バン



カンパニュスのアーチはローマ時代のもの。出来たのはなんと紀元前20年!高さ9メートル以上もある。
あ忙し、お忙し、たまには温泉にでも行ってゆっくりしたいもんだな。ババンバ、バン、バン、バンっと、エクス・レ・バン、バン、バン♪フランスで温泉と言えばあーた、やっぱエクス・レ・バンでしょ。パリからTGVでびゅーんと3時間もありゃ着いちゃうんだから。

お湯で温まったところをゆったり、まったりとエステ、って言うか本当はBalneotherapy(湯治、湯につかるだけではなくマッサージや飲用その他総合的な治療法)っていうので揉みほぐしてもらえばもう天国。アルプスの山すそで空気はいいし、温泉ですっかりリラックスしたあとはおいしいものを食べて、当然お待ちかねのゴージャスなナイトライフとくるわな。音楽会、カジノ、そしてバー。こうしちゃいられない、さっそくエクス・レ・バンに行こう!タオル、タオルっと。


アーチのすぐ前には泉が湧いている。さっそくタオルを引っ張り出して、温泉を頭からかぶろうとしたら止められた。但し書きにこれは温泉ではありませんと書いてある、残念!でも正真正銘ミネラルウォーター。
いやあ、着いちゃいましたね、リヨン駅から3時間15分。アルプスも近いもんだ。目の前に広がっているのがブルジェ湖だね、ヨットが優雅にセーリングか。おっと、のこぎりみたいにとんがった山のてっぺんからパラグライダーが飛んでるよ、いいねえ、リゾートだねえ。でも、まず温泉だな。「あ、ちょっとすいません、温泉どこですか?」

教えられてやって来ました、ここは街の中心モラール広場(Place M.Mollard)。こりゃまた古臭いってったら失礼かな、えらく時代物の門があるねえ。なになに、カンパニュスのアーチ?お、ローマ時代に建てられたのか。紀元前20年って言えばもう2000年以上もここに立ってるんだな。