女性は驚かされる!

仕事で遅くなったり、習い事や飲み会でいつもより帰りが遅くなった女性が住宅街の夜道を歩いています。なにかふとイヤな予感がして振り返ると、そこには自らの下半身をモロ出しにした男の姿が! 声を出すことも出来ず驚いて、とにかく走って逃げるのが精一杯…。「びっくりして、とにかく恐かった」という女性がたくさんいます。

何が楽しくて自分の体の一部を見せるのか、露出する人物の気持ちは一般の人には理解できません。しかも、女性にとっては見たくもないものをいきなり見せられてしまうということは一種の暴力と言えるでしょう。もちろん、法律違反、犯罪行為でもあります。(最終ページに【法律ワンポイントチェック】)


■ケース1 C恵さん(会社員・27歳)
会社員のC恵(27歳)さんは、仕事のあと同僚らと飲食して遅くなった夜、住宅街の道を自宅に向かって歩いていた。

酔った気分でのんびりと歩いていたが、ふとなんだかいやな気配がしたので振り返ってみると、コートを広げた男が真後ろに立っていた。そして見たくもないその男の下半身が露出されていたのだ。

声を上げることもできず驚いたC恵さんは必死で走って逃げた。男は追っては来なかった。


■ケース2 Y理さん(大学生・21歳)
大学生のY理さん(21歳)は普段は自転車を使っていたが、その朝は雨が降っていたので徒歩で最寄り駅まで行っていた。ゼミの後、友人らと遊んでいたので遅くなってしまった。

駅からは自転車だと10分程度だが、徒歩だと倍以上かかる。自転車のときは明るい大通りを行くのだが、遠回りである。

暗くて細い道だが近道の住宅街を抜けて行こうと歩き出した。自分の足音だけが響いていたが、何かふと後ろが気になった。

振り向くと、そこには全身素っ裸の男が顔にタオルを巻き付けて立っていたのだ。顔をタオルで隠しているだけでも恐ろしいが、さらに一糸まとわぬ男の姿に驚愕してY理さんは、転げるようにその場を走り去った。


→・露出魔が出現する場所
→→・対応策について/通報しましょう/関連防犯ガイド記事