海外への郵便、宛名は日本語でもOK!国名と”AIR MAIL“は必ず英語で

さきほどの宛名の応用として、以下のような書き方でも大丈夫です。
 
エアメール

 

1.自分の情報は、国名以外は日本語でもOK
※送付先の方が日本語を理解されるのであれば日本語でOK。国名だけはJAPANと英語表記にしておきましょう。

2.相手の住所は、国名(英語表記)以外は現地の言葉で記入してもOK
例:中国などは漢字で表記してもOK

3.”AIR MAIL“の代わりに”VIA AIR MAIL“を利用してもOK

今回は、はがきでの書き方をレクチャーしましたが、基本的には封書も同じです。手軽に海外へ手紙を出してみませんか?

→海外郵便の所要日数と挨拶文のアドバイスなどは世界どこでも70円でHappyNewYearをご覧ください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。