イタリア語のプチ・レッスンもあっておトク!

ベリッシモ先生
イタリア語も楽しく教えてもらえます
お料理のレッスンの前には、ベリッシモ先生による簡単なイタリア語のプチ・レッスンもあります。食べものや街や文化についてイタリアに関するお話を聞くのも楽しいひととき。

黒板には、その日に使う食材の名前がイタリア語で書かれていますが、よく見ると「Amore」の文字が!Amoreとは日本語で「愛」の意味。アモーレの国イタリアでは、お料理にも愛は欠かせない素材のようです。

ズッキーニでおいしいパスタソースづくり

ズッキーニ
ズッキーニは加熱することで甘味が増します
本日のメニューの「蝶々パスタ」の正式名称は「ファルファッレ」。蝶々のような愛らしい形と食べやすさが人気のショートパスタです。

今日はその蝶々パスタを、ズッキーニがビックリするほどたくさん入ったクリームソースでいただきます。「クリームソースだとカロリーの高さを気にする人もいるかもしれないけれど、その分、夜に食べる炭水化物を少なくすれば大丈夫」と、ベリッシモ先生。

たしかにカロリーが気にならなくはないけれど、週末のランチでおいしいものをたっぷり食べて幸せな気持ちになれば、次の一週間も元気に頑張れるかもしれませんね。

ズッキーニ
相性抜群のズッキーニとエビのクリームソース
ズッキーニを大量に入れることでソースに甘味が出るので塩加減はやや多めにするのがコツ。レッスン前に配られるレシピを参考に、味をみながら調整していきます。

ズッキーニとエビを組み合わせるなんて、日本の家庭料理では珍しいこと。どんな味になるのか、つくっているときも楽しみでワクワクします。ラタトゥイユ以外に知らなかったズッキーニのおいしい活用法にも、目からウロコでした。

イタリア男のモテる秘訣とは?

レッスン風景
少人数制なので先生との距離が近い!
ところで、ベリッシモ先生がお料理をはじめたきっかけは、なんと「女の子にモテたいから」だそう。「『ボクのおいしい手料理を食べに来ない?』という決めゼリフで、女の子を家に誘おうと思って」とウィンクをしながら楽しそうに話すベリッシモ先生でした。