ヒルトン、マリオット、ウエスティンなど、お馴染みのホテルブランドから生まれたタイムシェアが日本の皆さんの間でも定着してきていますが、タイムシェアの歴史が長いアメリカでは、超デラックスではないけれども、快適な滞在が楽しめるプロパティのタイムシェアも根強い人気。

しかもそれが再販物件であれば、ビックリするほどリーズナブルに手に入ってしまうこともあります。ハワイでタイムシェアのリセールを行う「オールアイランズ・タイムシェア・リセール」さんに、「ロイヤル・アロハ・バケーション・クラブ」についてお話しをうかがいました。

再販市場も活発なタイムシェア事情

ハワイ オールアイランズ・タイムシェア・リセール
快適なステイが楽しめるワイキキのコンドミニアム「アロハタワー」も、ロイヤル・アロハ・バケーション・クラブのひとつ。

タイムシェア物件の再販に絞ったビジネスを展開して16年というオールアイランズ・タイムシェア・リセールでは、このところ日本の方々にもタイムシェアの存在がアピールされてきたこともあり、日本向けにもサービスを展開し始めました。

もともと気に入って買ったはずのタイムシェアを手放そう、という理由は、とにかく人それぞれで、物件によっても異なるので、一概には言えないそうです。

今回ご紹介する「ロイヤル・アロハ・バケーション・クラブ(RAVC)」に限って言えば、販売開始された1970年代後半に購入して利用してきた人々がそろそろ高齢になり、なかなか毎年は旅行に行けなくなってきた、しかも相続するような家族もいない、という方が典型的な例とか。

リセールの場合は、特典がなくなってしまったり、利用に制限が設けられたりしないのか、というご心配についてもは、物件によって事情が異なるので、お問い合わせして確認すること、というのが、専門家のアドバイスです。

RAVCに関して言えば、リセールであっても利用条件は何一つ変わらず、しかも値段は3000ドルから出ているということで、イチオシの物件なのだそうです。

次ページでは、ワイキキの物件の写真をお見せしながら、ロイヤル・アロハ・バケーション・クラブについてもう少し詳しく見てみましょう。