ロイヤル・アロハ・バケーション・クラブの魅力とは

ハワイ オールアイランズ・タイムシェア・リセール
ホテルではなく、普通のコンドミニアムの一室なので、旅とは言え、暮らしの延長のようにリラックスできそうですね。

1977年にできた老舗のタイムシェア・プログラム「ロイヤル・アロハ・バケーション・クラブ」(RAVC)は、ワイキキやマウイ、ハワイ島、ラスベガス、レイク・タホ、アリゾナ、メキシコ、スペインなど、有名リゾート8カ所に、230室を所有する人気プログラムです。

メンバーは、1週間単位で1ベッドルームか2ベッドルームの使用権を購入。前もって予約さえすれば、どの施設でも好きなところを利用することが可能と、今やおなじみとなったタイムシェアの仕組みと一緒です。

ハワイ オールアイランズ・タイムシェア・リセール
2ベッドルームの場合、広々としたリビングのソファベッドをつけば、6人まで余裕で滞在可能。

ホテルブランドのタイムシェアと違うのは、ポイントに交換して、他のリゾートのホテル施設を利用したりすることができない、ということ。とはいえ、RAVCは、利用権を1年分繰り越すことができるので、2年に一度、2週間のバケーションを過ごす、と言ったフレキシブルな旅も可能。

リゾート地の選定や各施設のロケーションは抜群ながら、とてもリーズナブルな価格設定になっているので、ファミリーやリタイア組にはとくにおすすめです。

ワイキキは、ルアース通りのアラワイ側近くにあるコンドミニアム「アロハタワー」(写真)、マウイ島はキヘイ、ハワイ島はカイルアコナという、暮らす感覚で滞在するには最適なロケーションにそれぞれの物件があるのも魅力ですね。

数千ドルのホテル代は、数年ファミリーで旅行する事を考えると、すぐに元が取れてしまうもの。管理費は発生するとはいえ、プロパティのある8つのリゾートに行くことが多いファミリーにとっては、何とも魅力的なプランと言えそうですね。

⇒ お問い合わせは、オールアイランド・タイムシェア・リセールまで。(日本語担当:中川さん)

【関連情報】
All About「30代からのハワイ」売れてます! ワイキキの最新タイムシェア
All About「ロングステイ・海外移住」円高の今が狙い目 ヒルトンのタイムシェア
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。