ワイキキ・ビーチ・ウォークをはじめ、ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターや近隣のホテルの改装などに伴って、ワイキキにはたくさん新しいレストランが開店中です。

今回は2007年の暮れにシェラトン・ワイキキ・ホテル1階にオープンしたダイニング・バー「ラム・ファイヤー」をご紹介いたしましょう。

101種類のラム酒をそろえたレストラン・バー

ラム・ファイヤー
ゴージャスなバーカウンターが特徴のラム・ファイヤー。反対側は海も見えて、とても開放的な雰囲気です。

シェラトン・ワイキキ・ホテル1階、以前「エスプリ」があった場所に開店したのが、ランチから夜中まで開いているレストラン・バー「ラム・ファイヤー」。

オーシャンフロントで、しかもオープンエアなので、ワイキキ・ビーチから心地よい風が吹き抜ける最高の立地です。ドリンクは、チチやマイタイをはじめとするハワイアン・カクテルはもちろん、お店の名前にもなっているラム酒を使ったオリジナル・カクテルが豊富にそろっています。

ラム・ファイヤー
豊富なラム酒が並ぶバーカウンターは、とても美しく、絵になります。

何と言っても話題は、13歳の体まで若返るという「Fire hydrate(ファイヤー・ハイドレート)」($13)。パワー・ドリンクとブルーキュラソーのコンビネーションのカクテルです。モヒートは、ハワイでも大人気のカクテルのひとつで、主なレストランやバーで提供していますが、こちらはキュウリとミントの風味をきかせて、ひとひねり。「cucumber and lavender mojito(キュウリとラベンダーのモヒート)」($10)は、爽やかなテイストで、ハワイの夜にぴったりです。

⇒ 次ページでは、「タパス・スタイル」の料理についてお伝えしましょう。