ショッピング&ダイニング・モール、タイムシェア、全室スイート・ルームのホテル「エンバシー・スイーツ」、そして従来からあるオハナ・アイランダー・ワイキキ・ホテルからなる一大プロジェクト「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」は、3月上旬の第一期完成を目前に控え、いよいよその姿を現してきました。

エンバシー・スイーツは12月にオープン。タイムシェア「フェアフィールド」(その後、ウィンダム・バケーション・リゾーツ・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォークに改名)も発売から一気に大人気。モールも段階的にテナントの入店が始まり、エリア全体に活気が出てきました。今回は、2月上旬にオープンしたばかりのビア・レストラン「ヤードハウス」についてお知らせいたしましょう。

2月11日華やかに開店!「ヤードハウス」

ワイキキ「ヤードハウス」
オープンしたばかりのビア・レストラン「ヤードハウス」。アメリカンな雰囲気が満喫できるワイキキの新名所が 誕生
全米に15店舗を展開しているビア・レストラン「ヤードハウス」がワイキキのど真ん中にオープンいたしました。幅広い料理のメニューや、毎日オーナー自身選曲するというクラシック・ロック・ミュージック、そして豊富なドラフト・ビールのラインナップで大成功を収めている同店のホノルル初進出です。

ここで味わえるビールの種類は実に130種類! クラシック・ラガーから珍しい種類のエールや黒ビールまで、ありとあらゆる種類がそろっています。店内にある約96,000リットルのビア樽各種が並んだ部屋はガラス張りになっているので、誰でも眺めることができますが、その規模感はまさに圧巻。ビールのタップ・ハンドルもバーコーナーの中央で存在感をアピールしています(写真参照)。

食事は、アペタイザー、パスタ、ピザ、シーフード、ステーキなどのアメリカ料理がメインですが、いずれもレストランとして行っても楽しめるほどのクォリティ。エスニック・テイストも織り交ぜたパシフィック・リム風なメニューも豊富です。ロコやメインランドからのお客さんにもすっかり大人気。アメリカンな雰囲気を満喫できるワイキキの新たな名物レストランが誕生です。

【関連情報】
ワイキキ・ビーチ・ウォーク公式サイト(英語)
ヤードハウス公式サイト
All About「ハワイ」完成まで10ヶ月!ビーチウォーク再開発工事
アロハストリート:タイムシェア「ウィンダム・バケーション・リゾーツ・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。