ホノルルマラソン・ゴール
ゴールの瞬間の達成感は何物にも代えがたい体験です。
日本からも2万人近いランナーが参加することで有名なホノルルマラソン。2006年は12月10日(日)で、実に34回目を迎えるという、息の長い人気大会になりました。初マラソンをホノルルで経験される方も、相当数いらっしゃるようですし、開催までまだ5カ月の今ならば、はじめての方でも十分、完走は可能です。今年こそ、ぜひチャレンジしてみましょう!

※大会の概要や魅力は、ガイドの過去記事をご参照ください。
⇒ 「5000人のロコと走る!ホノルルマラソン

全コース歩いても8時間。気楽に参加してみては?

ホノルルマラソンは、2005年の総参加数が28,048名。その内、完走者は24,295名という、超大型マラソン大会です。しかも、日本からの参加者が17,345名と、実に6割を超えるのです。

地元ハワイからの参加ももちろん多く、6,000名ほど。しかし、地元という安心からなのか、完走者が4,000名と、7割を切ってしまうのは残念。気軽に参加できてしまう分、途中棄権も気軽に、ということなのでしょうか。その点、日本からのランナーは、94%もの完走率を誇っています。

ホノルルマラソン完走者Tシャツ
完走した人だけが、毎年カラフルなTシャツがもらえます。
42キロもとてもとても…、と思う方も多いでしょうが、もちろん最初から誰もが長距離を走れるわけではありません。5分、10分というところからスタートして、コツコツと距離を伸ばしていくのです。初めての参加で、5時間台で走れる方もたくさんいらっしゃいます。普段、ランニングには縁がなくても、ウォーキングで7時間以上かけてフィニッシュされる方も、大勢いらっしゃるのです。

そう、ホノルルマラソンは、時間制限がなく、1万名規模のボランティアの皆さんが、最後のランナーがゴールするまで応援してくれる大会なので、完走率も高まるのですね。

マラソンの魅力のひとつは「参加すること」だと私は考えていますが、中でも、ホノルルマラソンのように3万人近い各国の人々と一緒に走ったり、歩いたりする体験は、なかなか味わえるものではありません。健康上の問題がない方には、ぜひおすすめしたいイベントです。

※トレーニングや基礎作りには、専門サイトが強い味方です!
⇒ All About「ジョギング・マラソン」

⇒ 在住者のメリットを最大限に生かす準備ミニレース情報を次ページで!