サンクスギビングが終わると、ハワイのホリデーシーズンが到来!
サンクスギビングが終わると、ハワイのホリデーシーズンが到来!
アメリカ映画で観るクリスマスは、きらびやかで本当に楽しそうですね。お決まりは、コートやマフラーを身につけて、白い息をはいて、という寒い季節の物語なのですが、ハワイは25度から30度という真夏の気温と同じまま。さて、いったいローカルの人々はどのようにこのシーズンを過ごすのでしょうか。

クリスマスではなく「ホリデー・シーズン」と呼ぶ

一般には「クリスマス」という言葉も多く使われますが、テレビや新聞では、この季節を称して「ホリデー・シーズン」という言葉を使います。クリスマスは本来、キリスト教の行事であり、多民族国家のアメリカでは、宗教による差別・区別に繊細な対応をする必要があるのです。(たとえばアメリカに信者が多く存在するユダヤ教では、ハナカという祭事はあるものの、クリスマスはありません。)

サンクスギビングもクリスマスも、家族と過ごすことが習慣の祝日。日本のお盆と正月が1カ月間隔でくっついたもの、と考えるとわかりやすいでしょうか。都会の人は帰省をし、あるいは家族そろって旅行をし、と、まとまった休暇を楽しむ時期でもあるので、ホリデー・シーズンと呼ばれています。

ただし、クリスマス自体はすでにアメリカの国民的行事です。皆さん、宗教とは切り離して、ギフトを交換したり、ライトアップしたりなど、クリスマス特有のイベントを自由に楽しんでいる様子です。移民の多いハワイもそれは同様です。

サンクスギビングの翌日からホリデー・ショッピング開幕!

アメリカでは、11月の第4木曜日が「サンクスギビング・デー(感謝祭)」と定められています。1年の内でも最も厳かで、ほぼ一斉に皆が休みになる祝日。日本で言うと元旦か、お盆ピーク時の東京ビジネス街、といった感じで、どこもとても静かなことに驚きます。

サンクスギビングの翌日は「ブラック・フライデー」と呼ばれる日で、たいていの学校や会社はお休み。アメリカでは滅多にない4連休となります。この日は早朝から各ショッピング・センターや大型ショップで、年最大のビッグセールが開催されるとあって、徹夜組みも出たりする大騒ぎ。サンクスギビングの日の新聞に大量のチラシやカタログが挟み込まれていて、ショッピング・モードも最高潮に高まります。

といっても在庫処分的なセールではなく、人々がクリスマス・ギフトを買い求めに一斉に買い物を始めるため、その目玉商品をいくつか用意しておくといった印象です。アメリカの人のクリスマス・ギフトにかける意気込みは、日本の皆さんの想像をはるかに超えています。家族ひとりひとりだけでなく、友人、親戚、同僚、お世話になっている方などへ、ともすれば複数のギフトをプレゼントするのです。

お店は、とてもひとりひとりの買い物をラッピングしている場所も暇もないくらい込み合うので、人々はラッピング・ペーパーやリボン、カードなどを買い求め、自らラッピングをします。映画などで、包装紙を思い切り破いてプレゼントを開けるシーンがあり、日本人にとってはビックリしたりしますが、その包装の過程を知っていたり、体験したりしている人にとっては、それほど大げさなものではない様子です。

包装されたプレゼントは、大きなクリスマス・ツリーの下に飾られて、クリスマス当日まで、じっと我慢。

【関連記事】
オールアバウト「ニューヨークで暮らす」ホリデーシーズン到来!アメリカは飽食の季節 サンクスギビング
アメリカ生活・ドットネット「アメリカの感謝祭について」

次ページは、ハワイの冬の風物詩「ホノルル・シティ・ライツ」他!