預けた荷物が出てこない。さて、どうする?


出発の際に預けた荷物が、どこへ行ってしまったのか、到着地の空港で出てこない──そんな“ロストラゲッジ”の経験はありませんか?

同じ機に乗り合わせた乗客たちが、ターンテーブルに流れてくる荷物を拾って、一人、二人と到着ロビーに消えてゆく。荷物を待つ人の数がだんだん少なくなり、最後に残ったのは自分一人だけ。異国の地の空港で──心細いですよね。

photo-1
空港で預けたはずの荷物が……

でも、万が一預けた荷物が出てこなくても、慌てなくて大丈夫。必ず近くに「ロストラゲッジ対応」の専用カウンターがありますので、探しましょう。見つからない場合は、近くの空港職員に聞けば、案内してくれるはずです。そのカウンターでラゲッジタグの控えと利用した便の航空券を提示し、荷物を宿泊予定のホテルに届けてもらうように頼めば、たいていは1日か2日で無事に手元に戻ってきます。

ごく稀に荷物が見つからなかったり、旅行中に届かなかったりというケースもありますが、次の4つのことを守っていればまず安心。このゴールデンウィークに海外旅行を予定している人たちは、ぜひ実践してみてください。


≫≫≫ 次のページは「“ロストラゲッジ”に負けない4箇条」