他にノートPCやデスクトップPCを使っていて2台目のPCとしてノートPCを購入するのなら、何を購入しても構わないと思いますが、初めて購入するPCや買い替えでノートPCと決めている人に注意すべき点を解説したいと思います。パソコンに関してよくわからない事が多い人は関連ガイドサイトの始めてのコンピュータも参照してください。

用途は何か

ノートPCは使用用途別に企業向や持運びに適した軽量型などデスクトップPC以上にさまざまな種類があります。ノートPCの購入相談を受けていると多いのが、「普段はワープロやメールなどで使いたいけど、たまに持ち歩くかもしれないので、軽いのが欲しい」という物です。こういった事を考えている人のほとんどは全く持ち歩かない、あっても年数回あるかないかという程度です。そういった使い方ですと、画面も小さく、キーボードも小さめでどちらかと言うと使いにくいB5ノートなどを選ぶよりも、画面も大きめで、キーボードも大きく使い勝手の良いA4サイズのノートPCを選んだほうが無難です。本当に頻繁に持ち運んで使うのでしたら、B5ノートなどを選んだほうが軽くていいのですが比較的軽い1.5kg程度の機種でもACアダプタなどと一緒に持ち運べば2kg程度になりますので、本当に持ち運ぶことがあるのかどうか、もう一度考えたほうがいいでしょう。

初めて買うPCとしてノートPCを選ぶ

初めてのPCがノートPCと決めている方は、CD-ROMドライブや、最近あまり使わないと思いますがFDドライブが本体に内蔵されている、A4オールインワン型のノートPCを購入したほうが、アプリケーションソフト等のインストールで困る事も少ないと思います。
どうしてもB5ノートなどの小型製品を選びたい方は標準でCD-ROMドライブ等が付属しているか確認しましょう。お薦めは2kg前後でCD-ROMドライブなどが搭載可能などちらかというとA4ノートに近い製品ですね。(Let's note A2、LaVie M等)
標準で付属している機種を選んだほうが、相性などの問題はもちろん製品選び等を考えると手っ取り早くて便利だと思いますが、もちろん自分好みの外付け製品を選んでも構いません。その場合、接続しようとするノートPCに対応していなかったり、OSの再インストールが面倒だったりする事もありますので、注意が必要です。

A4オールインワンとかの意味がわからない方は簡単な用語解説も用意しましたのでご覧ください。

CD-ROMドライブよりも

CD-ROMドライブは今や当たり前の存在となり、アプリケーションソフトのインストールでは必須の物となりましたが、最近は自分で音楽CDの作成や大きめのデータをパックアップすることが出来る CD-R/RW ドライブも普及し、さらに DVD-Video 等で映画も楽しめるDVDドライブも普及しています。この辺は用途にもよりますが、せっかく購入するのですからちょっと予算を追加して CD-R/RWドライブか DVDドライブ搭載品を選んでみてはいかがでしょうか? 最近では両方使える CD-RW/DVD コンボ(マルチ)ドライブも普及していますので、どちらか決めかねる人に最適です。