源泉掛け流しの湯

中の湯温泉の源泉は以前の場所(中の湯井戸)から引き湯している源泉掛け流しの湯だ。平成10年(1998)に開湯したさわんど温泉も使っているから湯量が豊なのだろう。

中の湯温泉旅館の温泉

男湯・露天と夕暮れの穂高岳
中の湯温泉旅館の本館には、男女別の大浴場と露天風呂と二式の湯船と家族風呂がある。

右の写真は、男湯の露天風呂から見た早春の穂高岳を撮った風景だが、湯に浸かりながら目線でその景色が見える。

温泉利用の仕方は、湯治の湯、疲労回復の湯、宴会のついでの湯などと様々だが、精神のリフレッシュに利用するのが私には一番だ。都会の喧噪(けんそう)を離れ、豊かな自然の中の温泉に浸かる。気分爽快になり、仕事を忘れる。露天風呂があって、そこから見る景色が、中の湯温泉旅館のように素晴らしい展望であればなお開放的になれるという物だ。

秘湯!塚原卜伝の湯・洞窟風呂

塚原卜伝の湯・洞窟風呂
上高地の釜トンネルの近く、梓川の対岸の崖の上に粗末な小屋が建っている。 壁に「秘湯 塚原卜伝の湯」と書いてある!正に秘湯らしい佇まいだ。

この小屋の持ち主は、中の湯温泉旅館だそうだ。宿泊すると送迎バスが出ていて、無料で入れるのだが、鍵は釜トンネル前の中の湯の売店が、預かっているので、日帰りでも有料で利用出来る。

ドアを開け中に入ると分かるが、右手の階段を下りていくと、洞窟風呂になっている。湯船は一つしかないから、一人客でも混浴でも独占出来る。

この温泉勿論源泉掛け流しで、熱すぎず温すぎず適温、鉄分を含んでいるので よく暖まる。薄暗いあかりの中、梓川の瀬音が聞こえ秘湯ムード満点、野趣に富んだ風呂である。

続いて次ページで 「旅館の郷土料理」を紹介 >>

温泉データ・中の湯温泉

泉質:単純硫黄温泉(弱酸性低張性高温泉)
源泉:泉温:55.6度・pH=7.2
効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病、糖尿病、等
飲用:神経痛、肩こり、筋肉痛
立ち寄り湯:12:00-17:00・700円

・制作:06/02/19