「きれいだなぁ」と感じる海は数々ありますが、ここでは世界が認める(!?)というか、お墨付きをもらった海をご紹介したいと思います。ユネスコ世界遺産に2008年、新たに加わった2つのビーチ、そしてアメリカ国定記念物となった海に近いビーチ、そして今、CMで話題となっているビーチ。地球の宝を、見に行きませんか?

<記事index>
  • 2008年世界遺産のニューカレドニアのサンゴ礁…P1

  • 2008年世界遺産のモーリシャスのル・モン…P2

  • 2009年1月にアメリカ国定記念物となった北マリアナ諸島海域…P3

  • おまけ)カップヌードルのビーチはどこ?…P4





2008年世界遺産のニューカレドニアのサンゴ礁


ウベアの無邪気な子供たちと一緒に海遊び!

“ラグーンのもつ生物的多様性と様々な要素からなるエコシステム”が世界遺産の決め手となったニューカレドニアのラグーン。すでに化石となった古代のサンゴ礁から、今もなお育ち続ける造礁サンゴまで、幅広い年代のサンゴ礁が積み重なって構成されるこの海域は、オセアニアの自然の歩みを知る上で貴重な情報源なのだそうです。

対象となったエリアは1万5000平方kmもの広きにわたり、世界で2番目に大きいとされるニューカレドニアのサンゴ礁のおよそ6割に相当するのだそうです。
具体的には次の6カ所になります。

1.ウオン島、シュルプリーズ島を含むアントルカストー地域のサンゴ礁(本島から300キロ北)
2.ベレップ諸島などグランドテール島北部周辺のサンゴ礁
3.グランドテール島北東海岸周辺のサンゴ礁(ポワンディミエ、ヤンゲン周辺海域を含む)
4.ウベア&ボートン・ボープレ周辺のサンゴ礁
5.グランドテール島西海岸のサンゴ礁(ブーライユ周辺の海域)
6.グランドテール島南端周辺のサンゴ礁(イル・デ・パン周辺の海域)


南の島らしい風情が色濃く残るウベア
イル・デ・パンならばヌーメアから日帰りで行けますネ! 砂フェチのワタシ的にもイル・デ・パンのクト・ビーチの白砂は天下一品!と、思っておりました。さらさら、ぱふぱふ。素足で歩くと、足裏から心地よい感触が伝わってきます。キメの細やかさも抜群です。そしてイル・デ・パンの沖にあるノカンウィも強力プッシュのサンドバンクです。

そしてウベアにも日系のステキなリゾートがあり、旅しやすい島です。ここは、海の色が本当にキレイですね。淡いルリ色っぽい感じとでもいうのでしょうか? 豊かな自然と人なつっこい子供たちが待っている島です。


■関連記事
幸運であることが条件(!?)の幻のサンドバンク、ノカンウィ

天国にいちばん近い島のステキなリゾート パラディ・ド・ウベア

=>次のページでは2008年の世界遺産、モーリシャスのル・モンについてご紹介します。