アジア各国の料理が揃い、グルメも満足

シェフがその場で切り分けてくれるなど、見る楽しさもプラス
クラブメッドでは旅行代金にお食事やドリンク(一部有料)が含まれています。だから、メニューを見ながら予算を考える必要もないし、好きなものを好きなだけ食べられます。メインダイニングのみならず、雰囲気のいいスペシャリティレストランなどもあるので、気分を変えて食事を楽しむこともできます。


●メインレストラン「ウォーターフォール」
小さなお子様のいるファミリーは食事の時間帯も考慮

ビーチや木々を眺めながら食事ができるメインレストラン。バンブーの仕切りやアースカラーの落ち着いた空間には、インドネシアならではのウッドのクラフトや彫像、銅製パネルなどの装飾品で彩られています。

ビュッフェといえど、侮れないクォリティ
ビュッフェは、日替わりのテーマに沿って品揃えが変わるインターナショナル・キュイジーヌ。日本食や中華、韓国などのコーナーもしつらえてあり、日本食コーナーでは天ぷらやお寿司、お茶漬けまでもいただけます。前菜からメイン、デザートまで、バラエティ豊かな料理がずらりと並んでいるので、ついつい取りすぎてしまいそうです。


●スペシャリティレストラン「テラス」
遅めの朝食やランチ、ロマンティックなディナーを「テラス」レストランで

木々に包まれ、プライベートビーチを見下ろす、ロマンティックなシチュエーションの「テラス」。遅めの朝食やランチも海を眺めながらいただけるほか、ディナーでは新鮮な魚介類のグリルや最上級の部位を使った肉料理をサーブ。3種類の食事のテーマが日替わりで、ビュッフェスタイルで食事を楽しめます。
客席数に限りがあるので、ディナーの予約はお早めに(当日朝から受付)。


●おすすめのバー
ビーチサイドのマタハリ・バー。ビーチでのドリンクもここで調達

ワタシ的にお気に入りだったのは、オンザビーチにあるマタハリ・バー。大樹の木陰でゆったりとしたソファに沈みながら、読書するのはごきげんです。文字を追うのをふと休んで視線を上げれば、そこにはアンダマン海。カクテルをいただきながら、のんびりとした時間が過ごせます。
また、サンセットタイムのパノラマ・バーも眺望抜群。ここは無線でインターネットがつなげるエリアなので、カクテルを片手にメールチェックをするのはいかがでしょう?


リゾート内ではカメラマンがゲストの様子をパチリ。気に行った画像を購入することもできます

クラブメッド・ビンタン
5日間(東京発/シンガポール航空利用/スーペリア/大人1名/機中1泊)
101,600円~
※大人二人の年齢の合計が100歳以上だと10%オフ、あるいは8名以上ならミニグループ割やファミリーに嬉しいプラン、早割りなどもありますので、ぜひお問い合わせを。
クラブメッド バカンスダイヤル(フリーコール)0088-21-7005
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。