どこまで進化する!? モルディブの水上コテージ

ここ数年、リゾート・ラッシュのモルディブ。新しいアイデアを次々と取り入れ、まるでリゾートの見本市のような状況になっています。水上コテージも、タヒチが伝統的な建築様式なのに対して、モルディブは多種多様。伝統的なスタイルもあれば、コンテンポラリーなものもあります。水上コテージにプライベートプールをしつらえたり、ラグジュアル化が進む一方です。

ボートで渡るクルーソー・レジデンス
ソネバギリ・バイ・シックスセンシズ/北マーレ環礁

全室が水上コテージ。レストランも、スパも、チャペルも、水上に築かれた、優雅な水上生活が満喫できるリゾートです。210平方メートル以上の広々とした客室は、どこか秘密基地のような外観。客室の中には桟橋で結ばれておらず、ボートで渡る隔絶のお部屋も!

【関連記事】秘密基地のような水上コテージ ソネバギリ・リゾート&スパ


客室デザインはビーチヴィラも同様
ワン&オンリー・リーティラ/北マーレ環礁

「10年後に古いと感じられるリゾートは意味がない」とCEOが語る、珠玉の豪華リゾート。130室のうち、ウォーター・ヴィラは30室。天井の高い、竹材やウッドを使ったどこかアジアンなデザインはビーチヴィラと同様。水上に浮かんだようなハンモックが特徴。
食事が充実し、バーを含む4つのレストランには11カ国、50名のシェフがスタンバイ。

【関連記事】2005年のモルディブ新リゾート速報その2


バスタブに浸かりながら、お気に入りの音楽を聞き、この眺めを満喫
フヴァフェンフシ/北マーレ環礁

世界でも類を見ない水中スパ(ライム・スパ)を持つ豪華リゾート。水上コテージは130平方メートルのラグーンバンガローwithプランジプールをはじめ3タイプ。全室にプライベートプールがあり、部屋のあちこちのスピーカーからはお気に入りの音楽が楽しめる快適仕様。最先端の装備を備えながら、ウッドを基調としたナチュラルな雰囲気。

【関連記事】’04年モルディブの新リゾート速報その1


まるでアウトドアのリビングのようなテラス
Wリトリート&スパ-モルディブ/アリ環礁北部

スタイリッシュな滞在を求めるならば、おしゃれなゲストが集まるこのリゾートへ。オーシャン・オアシスと呼ばれる水上コテージは、146平方メートルのゆったりとした間取り。驚きはプライベートプールの底にめぐらされた光ファイバーで、夜になると星空のように輝きます。テラスもリビングのように広々。テラスから下りられるハウスリーフの美しさも驚くほど!


ドーニ型の印象的な外観の水上コテージ。室内は天井が高い
ココア・アイランド/南マーレ環礁

全室水上コテージ。モルディブの伝統的な船を模したドーニ・スタンダード・スイートなど、部屋タイプが多彩。オーナーの交友関係から、ダナ・キャランなどのファッション関係のゲストも顧客に多いです。ここで紹介している水上コテージの中では、ほどよいゴージャスなので、若いカップルも多く見られます。


次のページでは、身近なアジアの水上コテージをご紹介します。