パタヤに生まれたコンセプト・レストラン

ダイニングエリアを”シアター”、各キッチンエリアを”ステージ”と呼びます

タイの老舗ビーチリゾート、パタヤにあるアマリ・オーキッド・リゾートの敷地内に、ビーチエリアとしてはタイ初のコンセプト・レストラン、マントラ・レストラン&バーが昨年4月末にオープンしました。


マントラ・レストラン&バーの特徴は次の2つ
■シェアリング
えてしてホテル内のレストランではコース料理(特にディナ-)が主流ですが、こちらはシェアでオーダーするスタイル。味わいや楽しみをテーブルのみんなで分け合います。これがヨーロピアンのリゾーターには大好評!

■ミックス&マッチ
いろいろなキッチンから好みの味や、トライしてみたいものを選び、多彩な味をブレンドし、ユニークな食の旅を創り出す、がコンセプト。
地中海やインド、和食、イタリア、中華にシーフード、そしてラバストーン(火山岩)によるグリルなどの、オープンキッチンから好きなメニューをチョイスします。できたてのタンドーリや、カウンターに座って目の前で握られるお寿司など、オープンキッチンではシェフたちのプレゼンテーションもお楽しみのひとつ。
そして広いワインセラーにはマントラ・レストラン&バーでの食の世界を広げてくれます。また、各テーブルには専任のスタッフがつき、加えて、日本人スタッフもメニューのセレクトのサジェスチョンをしてくれるので、新しい味わいに挑戦してみるのもいいでしょう。
流れる音楽はタイには珍しくアンビエント系で、ドレスコード(スマートカジュアル。短パンやビーサンはNG)もあり、企業のVIPに対する接待にも利用される、いわば超ゴージャスなフードコート(!?)なのです。

スタイリッシュなレストラン空間

壁一面のシェルフは壮観な眺め
レストランのデザインは、輝くガラスをフューチャーし、オリエンタルなアートと溶け合ったもの。テーブルは1階、2階の2フロアに分かれ、216席。壁一面のシェフルにはゴールドのオリエンタルなオブジェが飾られ、目を楽しませてくれます。
空間デザインにおいても、アミューズメント性を生かしたレストランといえるでしょう。


チルアウトは中東の趣を演出

デイベッドでゆったりと過ごせるオピウム・デン

ディナーの後には、くつろぎのバーへ。ソファやカウンターもあるけれど、おすすめは砂漠の遊牧民族“ベドウィン”のテントを思わせるデイベッドを置いた、アラビアンな意匠の「オピウム・デン」。ディナーをゆったりと仕上げ、素敵なイベントとしてくれることでしょう。



マントラ・レストラン&バー
Mantra Restaurant & Bar

TEL+66-3842-9591
FAX+66-3842-8265
ロケーション:ノース・パタヤのビーチロードに位置。アマリ・オーキッド・リゾートの敷地内。
営業時間:18:00~翌1:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。