マレーシアはマレー半島の西マレーシア、海を隔てたボルネオ島の東マレーシア、2つの国土に分かれています。
おなじみのランカウイやペナンはマレー半島の西海岸。国をあげて開発にとりくんだアジアを代表するビーチリゾートエリアのひとつでしょう。
一方、ボルネオ島は近年、コタキナバルが人気。ホテル内に自然保護区があり、オランウータンが暮らしているホテルもあります。少し足を延ばせば悠久の時を経た熱帯雨林が広がり、世界最大の花ラフレシアが咲くキナバル山など見どころがいっぱい。そしてボルネオ島の東には、ダイバー垂涎のシパダン島やマブール島があります。

では、マレー半島の東海岸は一体、どんな感じなのでしょうか?
トレンガヌ州、ティオマン島のあるパハン州、シブ島などのあるジョホール州、いずれも海洋保護区に指定された美しい島々を多数抱えています。なんとマレーシアの海洋保護区の3分の2以上がマレー半島の東海岸に分布しているのです。
そのうち、今ベストシーズンに突入中のトレンガヌ州の島々をいくつかご紹介しましょう。バカンスしているのは欧米のリゾーターばかりで、日本人リゾーターはまだ一握りの穴場ですヨ。ただし、11~2月いっぱいのモンスーンシーズンはリゾートがクローズしてしまうので、お急ぎを!


レダン島 Redang Is.
クアラトレンガヌー沖45?に浮かぶ、蝶の形をしたレダン。海岸線にしがみつくようにビーチが点在し、島のほとんどがジャングルに覆われています。舗装された道は、船が出入港する港とベルジャヤ・レダンのあるテロッ・ダラムを結ぶ1本。この道の途中にロングビーチへ続くトレッキングコースがあるだけ、です。
この島の白砂ビーチの美しさといったら、もう感涙もの。歩けばパフパフとやわらかい感触が足裏から伝わってきます。遠浅の海は透明度がスコーンと高く、奇跡のような美しさ。
島内にリゾートは2軒。テロッ・ダラム・クチルを占有するベルジャヤ・レダンと、パセイパンジャン(ロングビーチ)に新しく登場したラグーナ・レダン。ロングビーチにはほかにも格安のシャレーがいくつかあり、賑やかな雰囲気です。
島での過ごし方といえば、ビーチでお昼寝やトレッキングなど。島の南側にあるマリンパークは比較的浅く、ファミリーにもおすすめです。
東海岸沖に浮かぶ島の中ではアプローチがしやすく、クアラルンプールから空路も築かれる予定で、これから人気が高まりそうです。


●アクセス/クアラルンプールから空路約45分でクアラトレンガヌーへ。陸路を南下して約30分、マランの港で船に乗継ぎ、海路約1時間20分。

●ホテル
ベルジャヤ・レダン・ビーチリゾート
マレーシア国内に7つのホテルを展開する豪華リゾート。テロッ・ダラム・クチルの入江をまるごとリゾートにしつらえています。マレー建築を踏襲した2階建てのコテージタイプで、コネクティングルームも多く用意しています。毎晩、異なるテーマのビュッフェが楽しみ。日本人ダイブインストラクターも常駐しているので、言葉の心配もありません。
DATA
TEL〈60〉(9)697-3988 
客室数/152室 室料/スーペリアRm600、デラックスシービューシャレーRm800ほか 施設・サービス/レストラン、バー、プール、ブティック、日本人スタッフほか