ハイジの世界、スイスへ

花に彩られた初夏の牧草地と名峰アイガー

花に彩られた初夏の牧草地と名峰アイガー

雪をかぶったアルプスの峰々に眩しく輝く緑の牧草、そして一面に咲き乱れる花畑……。九州ほどの小さな国土に、スイスはその見事なまでの美しさを見せていて、そこには昔から変らない農民の生活が今なお息づいています。

スイスと言えば「アルプスの少女ハイジ」の世界を連想する人も多いはず。ハイジ原作の舞台となった村としてはマイエンフェルトが有名ですが、スイスはどこを切り取っても「ハイジの世界」そのもの。この記事では、そんなスイスを訪れる前にぜひ知っておきたいスイス旅行の基本情報をまとめました。

日本からスイスまでのアクセス

日本とスイスを直行で結ぶスイス インターナショナル エアラインズ

日本とスイスを直行で結ぶスイス インターナショナル エアラインズ

スイスの玄関口はチューリッヒ。現在スイス インターナショナル エアラインズ(LX)が成田とチューリッヒの間を直行便で毎日結んでいます。所要約12時間半のフライトですが、直行ですので乗継ぎに要する時間のロスはありません。ほかにも、成田からイタリアのミラノまで直行便で入り、空港バスでスイス南部のルガーノに入るという方法もあります。ルガーノ到着まで、バスの移動時間を含めて15時間ほどを目安に。

「料金を最優先」という場合は、乗継便も検討することになります。乗継便の場合、現地到着まで14~15時間、またはそれ以上かかります。

関空や中部発の場合は直行便がないので、乗継便を利用するか、または成田まで国内線や陸路で移動して、LXの直行便利用が便利。曜日は限定されますが、福岡など地方の空港から、ソウル乗継でチューリッヒに入る方法も考えられます。