テレビ選びのキーワード 「フルHD」

最近、カタログで気になる?

薄型テレビを選ぶとき、プラズマテレビや液晶テレビを問わず、カタログの「フルHD」(又は「Full HD」)という言葉が気になりませんか?

2006年、一部の大型高級モデルに限られた「フルHD」というフレーズ。 2007年は、テレビのさらなる大型化と低価格化トレンドに乗って、一気に身近となりそうです。

今回は、「フルHD」とは何か? フルHDテレビの「選び方」をご紹介します。 

これから薄型テレビを購入するという方は、必見です!

 

オススメ情報

入門者向けの分かり易い解説やQ&Aなら:

初めて買う!薄型テレビの選び方 (All About 家電)

 

 

まずは言葉を整理

元来、「フルHD」という言葉に厳密な定義は有りません。 家庭用テレビの場合、単に表示パネルの画素数が「1,920 x 1,080」(横x縦)である事を意味しています。

各社のカタログを調べると、「フルHD」に相当する言葉は、下記の通り様々ですが、同義と考えて差し支え有りません。

 

表示パネルの画素数が「1,920 x 1,080」である事を表現する言葉

メーカー名 主な表記例
ソニー Full HD 1080
パナソニック Full HD
ビクター Full Hi-Vision
シャープ フルスペックハイビジョン
日立 1080 FULL HD
東芝 フルHD

 

 

次のページでは、「フル」と呼ぶ理由、フルHDテレビの選び方をご紹介します!!