液晶かプラズマか、それが問題だ!

大型化する液晶の画質は?

薄型大画面テレビを購入する際、誰もが一度はつぶやくであろう「液晶かプラズマか?」。 「どちらが買えば良いのか?」については、筆者記事『プラズマ vs 液晶 どっちが良い?』を参照いただくとして、今回は、もう一歩踏み込んだ「疑問」に注目!

スペック上ではプラズマテレビよりも「暗い」はずの液晶テレビが「明るく見える」のは何故か? 

プラズマテレビよりもコントラスト比が「低い」液晶テレビが「鮮明に見える」のは何故か?

それでもやっぱり「画質ならプラズマ」なのか?

液晶陣営とプラズマ陣営に分断され、同じ土俵で比較して理解できる情報が少ない中、液晶とプラズマの関係を解き明かします!

*液晶とプラズマの仕組みを知りたい方は、筆者記事「今さら聞けない! 液晶 と プラズマ の違い!」をご参照ください。

 

液晶とプラズマの「カラクリ」

液晶テレビとプラズマテレビの画質を比較する上で、まず注目したいのは「明るさ」です。

液晶テレビとプラズマテレビは、映像の特性(視野角)が大きく異なります。 よって、この2者間で、輝度やコントラスト比といったスペックを数値で比較しても、実際の「見え方」とは大きく異なる事になり、ここに「カラクリ」があります。

例えば、周囲の明るさ。 日の差しこむ明るい部屋では、プラズマよりも液晶の方が、明るく鮮明で見栄えがします。 一方、就寝前のような薄暗い部屋では、液晶テレビよりもプラズマテレビのほうが、ナチュラルで上質な映像を見せます。 この違いはどうして起こるのでしょうか?

 

カラクリ その1 暗いはず?の液晶が明るく見える訳

視野角と明るさの感じ方 (イメージ)

絶対的に明るいのはプラズマだが、正面から見ると液晶のほうが明るく見える。

日中でも、明るく鮮明に見える「液晶テレビ」。 スペック上の輝度では、プラズマテレビの1,000cd/平方メートル以上に対し、液晶テレビが500cd/平方メートルと「暗い」はずなのに、何故このような結果になるのでしょうか? 一つは、「視野角」によるカラクリです。

最新の液晶テレビでは、「視野角178度」などの表記がありますが、これは、コントラスト比が10:1以上保てる範囲と規定されているだけで、実際は、正面から見るよりもかなり暗いのです。 つまり、光を正面に集中して放射しているので、正面から見たときは、拡散性の高いプラズマテレビより明るく見えると考えられます。

また、常時点灯している液晶と、インパルス型(高速で点滅している)であるプラズマを比較する場合、測定方法も明確にされるべきでしょう。

プラズマ製品の多くは、画面全体が白一色のような状態で、輝度を低くコントロールしている事も、プラズマが暗く見えるとされる一因と言えそうです。

 

次のページでは、カラクリ その2 「コントラスト比」について分かり易く図解します。