「名古屋のお花見スポット・市内編」はこちら

2009年の名古屋の桜満開は
ほぼ平年並みの4月第一週

名古屋の桜
4月最初の週末が一番の見頃
暖冬で開花が早いと予想された今年の桜前線ですが、3月半ばの厳しい寒の戻りによってずい分とズレ込みました。日本気象協会の2月25日(水)の第1回発表では、愛知県の桜満開は3月29日(日)と予想されていましたが、一週間ほど遅くなり、ほぼ平年並の4月3日となりました。

(※桜の開花情報は4月3日に修正更新しました)


愛知県は、(財)日本さくらの会が選定する「日本さくら名所100選」に4ヶ所もエントリーされています。名古屋市内の「山崎川」「鶴舞公園」、県内の「岡崎市・岡崎公園」「岩倉市~大口町・五条川」。

筆者は昨年、これら桜の名所を1年ごしの先取り取材!(鶴舞公園は一昨年)。それぞれお花見のポイントを満開の写真とともにご紹介します!
(※岩倉市の五条川は、2009年4月3日に最新の満開レポートを追加アップしました!)

【山崎川 四季の道】 (名古屋市昭和区~瑞穂区)

都心部と郊外の間の閑静な桜の小径

山崎川は、名古屋市内中心部と郊外の端境に位置し、閑静な住宅が集まりなおかつ緑も多いエリアを流れます。決して大きな川ではありませんが、きれいに護岸整備され、普段からジョギングや散歩を楽しむ人を数多く見かけます。
名古屋の桜・山崎川
2008年4月5日撮影
「山崎川 四季の道」は、そのうちの石川橋から新瑞橋(あらたまばし)までの約2・8kmの遊歩道。両岸に約600本のソメイヨシノが咲き誇ります。

特にきれいなのは石川大橋~瑞穂陸上競技場間の約1・2km。ところどころ岸の堤防が階段になっていて川べりまで下りることができるので、ここでお弁当を広げましょう。人気のポイントは鼎(かなえ)小橋~萩山橋間の東岸。実はすぐご近所の筆者も、毎年ここで何度もお花見ビールランチを楽しみます。
名古屋の桜・山崎川護岸
護岸の階段はランチにうってつけ
ただし、階段がかなり急なので、子供連れの場合はちょっぴり注意が必要。小さなお子さんや元気に走り回りたいチビっ子と一緒のパパママなら、瑞穂陸上競技場の前に架かる瑞穂橋の前後がオススメです。
名古屋の桜・山崎川瑞穂橋
瑞穂陸上競技場前も開放感いっぱいでオススメ
この四季の道のいいところは、酒宴客がいないこと。広い芝生の場もほとんどないため、シートを敷いての場所取りも基本的に見かけません。のんびり散歩をしながら桜を愛でる、ご近所感覚のお花見客がほとんどなのです。その分、屋台も少ないので、お弁当はあらかじめ用意しておくのがよいでしょう。

幻想的な夜のライトアップも人気

また鼎小橋周辺のライトアップは、幻想的でカップルに人気。ただ、距離はあまり長くなく、また先にも述べたように屋台は少なく、縁日的なにぎやかさはないので、カップルは周辺のレストランの情報も仕入れた上でお出かけした方が充実したお花見デートになるんじゃないでしょうか。
名古屋の桜・山崎川鼎小橋
2008年3月31日撮影


□山崎川 四季の道
・所在地:名古屋市昭和区~瑞穂区
・アクセス:地下鉄瑞穂区役所駅から徒歩10分、または新瑞橋駅より徒歩3分
・問い合わせ: TEL052・831・6161(瑞穂土木事務所)
Yahoo地図情報

□1ページ・・・「山崎川 四季の道」
□2ページ・・・「鶴舞公園」
□3ページ・・・「五条川」
□4ページ・・・「岡崎公園」